2007.08.10

本音が言えない。

やっと3日間の集中授業が終わりました

あとはゼミに向けて全力を尽くすばかりだわーいSASUKEです

 

公共サービス論っていう授業なんだけど、

実に濃い内容だったー

 

福井大学からはるばる来てくれる先生で、

なんかおもしろいんだ。

 

50人の教室で名前呼んで出欠取るんだけど、

ひとりずつ「おはようございます」とか

なんでこの授業取ったんですか?」とか

この学部にいてどうですか?」とか

まだ帰省しなくていいんですか?」とか

片っ端から聞いてくのw

 

 

結局出欠だけで40分もかけて、

2日目からはめんどくさかったのか出席カードになったしね。爆

 

きょうが3日目で、

福井空港拡張のときの住民の反対運動と行政の対決みたいなビデオ観たんだけど、

 

映像汚過ぎwww

先生どこしまってたんだそれ笑

 

でも内容は生々しかったねー。

すげー苦労したんだなーって思った。

 

しかも、

住民同士の絆が極限まで壊れたのに、

結局森首相の公共事業見直しで福井空港も流れたっていう。

 

むなしい確執ができちゃったみたいでなんかかわいそうだった。

 

 

最後に論述テストだったんだけど、

マックス3hかけていいって言ってたから目一杯時間使って、

 

結局最後の1人になっちゃったんだよね^^;

 

B4版の試験用紙の両面にびっしり書いて出したら、

「たくさん書きましたね! あとでゆっくり読ませてもらいますね」

ってなんかいいトコあるじゃん先生( ̄ー ̄)

 

 

 

福井大学教育地域科学部 手塚広一郎先生。

一度検索してみるといいよ☆

 

 

 

 

それにしても、

集中授業も悪くないね♪

 

やってるときは大変だけど、

普段の授業よりなんかユルいし、

律儀な先生だから1限スタート守ってて朝は大変だけど、

 

一気にやるからでかいこと一気にきけるでしょ?

 

週1だったら絶対わかんなくなる内容だったけど、

なんかこの授業おもしろいなって思っちゃったよ。

 

 

 

いやー、

なんていうかこっちに書くのって気がラクだねー。

 

普段更新がラクだからすぐmixiで更新しちゃうんだけど、

あっちは大学の友達もたくさんいるし、

やっぱ書くことに気遣っちゃうっていうね。

 

なんていうか、

あったことをありのまま書けないっていうか。

 

特に、

マイミクとちょっとあったときに、

別のマイミクも見てるしで、

鬱憤溜まってても結局そこには発散できないんだよね。

 

 

なんか、

きれいごと並べてんのかなぁ。

 

 

最近mixiの限界を感じ始めました。(ぁ

正直やめてやろーかって思ったこともあるし。

 

でも、

コミュ4つも管理してるとそう簡単にやめれない。笑

しばらく放置プレイしてこっちで発散しよっかなー。

 

 


そういえば今年のサークル夏合宿の報告まだしてなかった!!

興味ない人ばっかだとは思うけど、

 

高校生に大学生活レポートをお届けするってことで。うん。

次回更新します☆

 

mixiで、SASUKEの日記は長い!って不評なんで、

こっちもほどほどにしときます。笑

 

 

あばよぅヽ(゜∀゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

永遠にともに

※mixiと同じ内容です

 

 

またまた得意の放置プレイしてやったぜ

mixiはほぼ毎日更新してるんですよどーもSASUKEです

 

 

ほらあれ、

また赤ちゃんポストのニュースあったじゃん。

 

あれに対してmixiではいろんな人がいろんな意見書いてたね。




なんていうかさ、

入れられた赤ちゃんのことを思ったり、

ご自身の子育て経験と照らし合わせたりして

この子を置いてった親を責めてる人が多いけど。。。

 

それは「置いてった」っていう事実だけを見てるからでないかい?

 

ほんとに責めるべきダメ親のしわざかもしれないけど、

そうじゃないかもしれないじゃん。

 

 

何が言いたいかってーとね、

子どもをそこに置いてくっていう決断をするまでのプロセスを知らないくせに、

 

人1人を容易く値踏みちゃいけないんじゃねーのってこと。

 

 

もしかしたら、

多くの人が言ってるように、

軽い気持ちで中出しして欲しくもない子どもができちゃって、

結局産むだけ産んだけどやっぱり要らないみたいな人間のクズのしわざかもしれない。

 

そんなクズならお前も一緒に保育器に座って育て直してもらえって話だ。

 

勘違いしないでほしいのは、

中出しバカが全員クズだって言ってんじゃないよ。

 

そりゃもしもできちゃったときのこと考えて、

精神的、物理的、経済的に出産・子育てに責任持てないくせに中出しするのは論外だけど、

 

ちゃんと先っぽつまんでするするーっとかぶせたのにできちゃった人だっているだろうし、

先っぽつままずにかぶせて破れて(以下略

 

 

 

ほんとに好きな人とかすげーいい感じの人がひと晩自分だけのものになったとき、

つい何もつけない過ちを犯しちゃったとか、

つい中に出されることを許しちゃったなんてこともあるかもしれない。

 

 

 


結局妊娠して、

中絶か出産かの選択で、

少なくとも赤ちゃんポストに来る人は全員、

 

悩みぬいた挙句の果てに出産を選んでんだよね

 

 

捨てるか捨てないかを迷う母親は、

少なくとも計画的な妊娠じゃないはず。

 

だから物理的に厳しいこともたくさん思い浮かぶだろうし、

 

かといってそんなこと何も知らずにお腹の中ですくすく育ってる自分の子を殺すことなんてできないだろうし、

やっぱりすげー葛藤と闘ってきた人なんだよねきっと。

 

それで中絶を選んだ人も、

出産を選んだ人も、

 

どっちも尊敬に値する判断だと思う。

 

 


その先には、

 

中絶を選んだ人には精神的苦痛が、

出産を選んだ人には物理的な障壁が待ってる。

 

物理的な障壁を、たったひとりでひとつずつよじ登っては向こう側に転げ落ちて、

次が登れなくなったとき、

初めて赤ちゃんポストの出番が来る。

 

社会の冷たい視線を浴びながら、

それでも負けずにお腹を痛めて産んだ子がかわいくないなんて、

そんなこと本気で思ってる人なんていないよ。

 

 

軽くなった腕で赤ちゃんポストのドアを閉めるとき、

 

ヤタ―――――ヽ(゜∀゜)ノ―――――!!

 

なんてなってる人とか、

 

うほほーい(゜∀。)ぴかぴか(新しい)

 

なんて言ってる人いないと思うよ俺。

 

 

 

生理が来なくて蒼ざめたあの日からきょうまで、

その子とたった2人で、

死に物狂いでいくつもの障壁を乗り越えてきた日々。

 

―――プライスレス。

 

親は、思い出しただけできっと涙が止まらなくなるよ

 

親の顔はカメラに映らない構造らしいけど、

もし映せばきっとみんな悔しい顔してるよ。

悲しい顔してるよ。

 

 

 

2人じゃ乗り越えられなかった障壁は越えれるかもしれないけど、

2人いないと乗り越えられない障壁だってあるだろうし。

 

 

もう十分反省してるさ。

もう十分罰を受けてるさ。

 

これ以上叩くのはやめようよ。

 

もちろん放置はいけないことだけど、

もしかしたらそのことが、

 

その人が赤ちゃんに与えられる最後の優しさであり、

最後の愛情なのかもしれない。

 

 

ポストの扉を閉めたあと、

泣き崩れながら手を合わせてるかもしれない。

 

その子の幸せを、

誰よりも願ってるかもしれない。

 

その子と幸せになりたかったって、

誰よりも思ってるに違いない。

 

 

そう考えたら、

少なくとも俺は叩く気にはなれない。

 

 

 

 

 

俺たちにできるのは、  

子捨てをした親を許すことと、

赤ちゃんの幸せを願うこと。

 

 

そして、

自分の子の幸せを誓うこと。

 

できちゃったら2人で幸せにすること。

もしくは3人で幸せになること。

 

 

 

 

俺にも幸あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.15

暗闇に差し込む光を

どーも(´∀`)

最近更新が滞ってすみません。。。

 

学祭に向けて忙しいのと、

授業が忙しいのと、

あと日記は基本mixiなんで(ぁ

 

もっと日記読みたいよ!!

 

なんていう願ってもなかなか現われない素敵な方がいらっしゃった場合には、

コメント&メッセージ少しのあと、ぜひぜひマイミク申請ください(笑

 

 

 

それにしても、

あいつは俺が気がついてないとでも思ってんのかねー。

 

 

俺よりひと足先にを掴んだろ??

 

 

・・・俺が気づかないわけないじゃん。

 

報告しろとか言ってんじゃないよ。

 

避けるなって言ってんじゃないよ。

 

妬いてんじゃないよ。

 

 

ただちょっと、

 

 

 

 

 

ただちょっと心配なんだよ。

 

 

 

 

俺が決める権利は何もないけど、

いちばん燃えていちばん安らげる関係であってほしい。

 

 

くれぐれも、

必要以上に苦しまないでほしい。

 

いまの俺には何もできないけど、

いつかあいつが暗闇に迷い込んだときには、

 

こっちだよ。

 

くらいは言えるかもしれない。

前よりはもう少し頼れる奴になってるかもしれない。

 

 

 

・・・なんて、

ついつい自分以外のことに頭使っちゃうんだよね。

 

特に去年1年間は、

ずっとずっと自分を脇において、

誰かのために生きてるみたいだった。

 

 

 

でも、

今年の俺は違う。

 

 

 

学部通信編集部に入って、

サークルに入って、

学祭に向けて全体装飾の責任者になって、

 

やっと自分を真ん中に持って来れた気がする。

 

 

 

 

大学生活ももうすぐ2年経つ。

 

 

やりたいことは、

やっておこうじゃんヽ(゜∀゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

笑顔の裏にあるもの

人間関係に疲れた。

あなたにはしばらく会いたくない。

 

人それぞれ、いろんなメッセージの伝え方があるけど、

強い願いならはっきり強く言ってくれたほうがいいのに。

 

 

 

あなたはもっと心を開いてくれるかと思った。

 

信じてくれるかと思った。

 

 

 

うわべだけ取り繕って、

裏で綿密な作戦引いてて。

 

 

もう、いいよ。

 

 

遠まわしなメッセージ、受け取ったから。

 

俺はあなたのすべてを悟ったわけじゃない。

 

でも、

氷山の一角はくっきり見えたんだよ。

 

 

 

あなたの光と影に、

俺のすべてを抜かれた。

 

 

返して。

 

 

あなたのすべてなんか欲しいけどいらない。

 

ただ、俺を信じて。

あなたが嫌がることは絶対しないから。

 

俺を認めなくても、

ただ「がんばったね」って

そっと頭を撫でてくれるだけでいいから。

 

 

 

あなたを尊敬するのは、これからも変わらない。

 

これからもよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.31

風になれない

どーも(´∀`)

久しぶりに車を運転したプリンスです。

でも、

親友のCB400の後ろに乗ってからというもの、

 

自動二輪

 

なるものに興味が湧いてきました。

軽く浮気気味です。

 

でも、

 

俺のいまの月収では、

免許取る金貯めるだけでも何年かかることか。。。

そこで!!

 

所得倍増計画始めました 冷やし中華

 

えっ??

何するかって??

 

そんなの、

 

 

 

まだ内緒だよっっっ♪♪(は

 

 

 

 

で、

その計画立てつつ、

きのうは3時くらいまでネットサーフィン

 

 

計画では「倍増」を謳ってるけど、

 

実際はいくら要るのかな??

ってね

 

 

 

 

 

推定100万

 

 

 

 

 

 

 

 

ムリ(-"-;)

 

 

 

 

さらにきょう、

母上に相談したら、

 

 

  

補助金どころか免許取ること自体アウトだって。。。

 

 

 

 

400ccじゃなくたって、

Hornetなら250ccだっていいのに。

 

 

バイクに乗ることは、

誰でも等しくリスクがあるのに、

どうしてそれを許す家庭とそうでない家庭があるんだろ??

 

それも、許さなければ良し、許せば悪しなんていう単純な線引きができるのか

 

 

どーでもいいや

 

やるせなくなったので寝ます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.05

野に咲く花のように

どーも(´∀`)

 

きょうはすっごく気が重い1日だったぜ。

 

 

 

きのう例の保護者の方に謝罪の電話してきました。

 

怒らせちゃったお母様は不在で、

やむを得ずお父様に謝ったんだ。

 

申し訳ございませんでした。

今後同じミスを繰り返さないように、

精一杯努力してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この伝言を聞いたお母様はどう思ったのかな。

 

 

 

この電話をするためにスーツ着て予備校に行ったんだけど、

ぶっちゃけ不安に押しつぶされそうだった。

 

 

予備校に入る寸前に、

直接でも電話でもいいから

だいじょぶだよ

って、ただひとことでいい、

それだけ言ってくれる人がいたら、

どんなに心強かっただろう。

 

 

でも、

ご存知の通り、

そんな存在はとっくに消え失せた。

 

友達に恵まれても、

足りないものはある。

 

友達にはできることと、

できないことがある。

 

 

 

 

 

6月5日

 

おそらく一生忘れることのない日。

 

 

 

初めて先が拓けた日。

 

初めて想いが届いた日。

 

そして、

 

自分以外の誰かを守ろうという、

初めて強い使命感を覚えた日。

 

 

 

いままでも、

そして、

これからも大切にしていく日。

 

 

 

約束は果たせなかった。

 

男の約束なんてくそ喰らえだ。

 

できない約束なんてするんじゃなかった。

 

約束破ると、相手を傷つけるだけだもんね。

 

 

 

 

 

ごめんね。

 

 

 

 

 

未熟者で。

 

 

 

 

 

 

 

いま、

心の支えになってほしい人がいないわけではない。

 

でも、

言い出せない。

 

なってもらっても、

いつかはいなくなる。

 

 

だから、

 

特別じゃなくていいから、

そのままでいいから、

 

俺のそばに、

いてほしい。

 

 

もし特別な関係を迫れば、

前みたいなことにもなりかねない。

 

 

でも、

 

 

もうあんな思いは、

したくない。

 

 

 

あんな思いは、

させたくない。

 

 

 

できることなら、

もっと違う思いをさせてあげたかった。

 

 

 

 

 

 

 

去年、

誰かを守る決意をした記念日は、

 

今年、

誰かをこれ以上傷つけない決意をした記念日になった。

 

 

 

 

 

 

なんだか、

世の中すべてがつまんなくなった。

 

もしかしたら、

「あいつは優しいから」

なんて、

 

心のどこかで

「もう一度」

を期待してたのかもしれない。

 

 

そして、

その妄想こそが、

俺をここまで支えてきたのかもしれない。

 

 

 

胸を強く刺されるような結論に達した。

 

どうしていいかわかんなくなってる。

 

頭の中がごちゃごちゃしてきた。

  

 

もしも君が泣いてるなら

優しい風に吹かれていよう

もしも君が笑ってるなら

太陽の光浴びていよう

そして君の記憶の中で

ずっと生き続けていよう

只、野に咲く花になりたい

強く大きく咲いていたい

(3B LAB. ☆ 「everyone」 詞・曲 岡平健治)

 

 

 

これ以上読者の皆様を

俺の勝手気ままな感情でブルーにしたくないので、

 

ブログの更新しばらくおやすみさせていただきます。

 

では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.22

人を大切に、時間を大切に

どーも(´∀`)

 

家に帰ったら、日曜日に買った冷蔵庫が届いてたヽ(゜∀゜)ノ

 

土曜日くらいから、

7年選手の我が家の冷蔵庫がラリってきて、

日曜日ヤ●ダ電機行ったんだ。

 

 

 

アイスは溶ける烏龍茶ぬるいしそれに入れる氷つくれないし冷凍食品は勝手に解凍し始めるマーガr(強制終了

 

 

 

冷蔵庫のありがたみがよくわかった2日間だった。

 

 

 

 

きのうは、いつになくがすごく近く感じた1日だった。

 

2人でいるときは、

いつも俺だけしゃべってる、そんな2人だったのに、

きのうは違っていた。

 

 

 

普段いっしょにごはん食べてても、

人数が少なくなってくると、彼女もいなくなった。

 

でも、きょうは俺と2人になっても席を離れなかった。

 

そして、

 

いつしか、

 

彼女のペースで会話していた。

 

彼女は見事なタイミングで相槌をうち、

俺の悩みにひとつひとつ答えを見つける。

 

 

知り合ってからずっと、

俺は彼女に少しでもたくさんのおもしろい話をして、

嬉しそうにきいてくれることばかり考えていた。

 

 

話が思いつかない苦痛な日でも、

彼女の笑顔が見たい一心で、ネタ探しに必死こいてた。

それに、俺が話さないと会話が成り立たなかった。
恋人同士の沈黙はアリだってことを知らなかったのも事実だけどね

 

 

 

 

それが、

きのうは、

そんな彼女の主導で俺がしゃべらされてると思えるほどに、

あの頃とは、立場が逆転していた。

 

 

 

聞き上手は元からだけど、

いつの間に、そんなに話し上手にもなったの?

 

それに、

 

あんなに俺のこと避けてたのに、

 

いつの間に、

そんなに俺なんかに親身になってくれるようになったの?

 

 

 

 

 

次の授業で、

俺は引き寄せられるように彼女の隣に座った。

 

その授業の間、

何カ月にも及んだあのわだかまりが嘘だったかのように、

俺は彼女と話すことができた。

 

 

彼女は、ちょっと遠い存在になってたうちに、

だいぶ大人になってた。

もうすぐ成人だもんね。

 

 

 

それにしても、

隣に座ってる間、

ずっと妙な感覚に襲われていた。

 

 

 

あの頃に、タイムスリップしたような感覚。

 

 

 

それに、

この何ともいえない、

フィット感。

 

」っていうポジションに、

すんなりおさまってる、そんな感じ。

 

案外気が合うのかな。

 

 

 

 

 

俺は、どんな関係を望んでるんだろう。

 

「友達」という、別れてからずっと追い求めていた関係なのか、

それとも、「恋人」という、リスクの高い関係なのか。

 

 

少なくとも、

きのうみたいに、

コミュニケーションのベクトルがお互いをさしてる、

そんな関係を求めてることには違いない。

 

 

 

 

そんな彼女は、

俺とは別の進路を展望している。

 

いつかは2人ともこの大学を卒業して、

別々の人生を歩んでいく。

 

 

 

 

もう会うことはないだろう。

 

 

彼女に限らず、

―仲間と別々の道を歩む―

このことを考えただけで胸がしめつけられる。

 

 

 

 

We never meet without a parting.

―――逢うは別れの始め。

 

 

彼女とはこの先、

どんな時間を共にするんだろう。

 

 

 

そんなことはどうでもいい。

 

 

友達になっても、

恋人になっても、

 

 

残された時間を、

大切にしていこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.08

迷惑かけてこそ人間

どーも(´∀`)

 

ただいま朝の3時を過ぎたところです。

 

ちょっと気になった、というか書き留めておきたいと思って急遽更新してます。

自己満レベル最高潮につき、モバイル版への転載はしません。

 

 

 

いま、俺の仲間が悩んでいます。

理由は俺にはわかりません。

彼女なりの大きな大きな理由があるはずです。

 

でも、俺はそれをきけません。

余計なお世話だからです。

それに、きいたところで俺は何一つできないからです。

それでもきけば、ただの野次馬になっちゃいます。

 

だれか、彼女を元気にしてあげる方法を教えてください。

無力な俺は、

 

元気になってほしい

 

なんて思ってるだけで、実際には何もできずにいます。

気持ちが空回りしてます。

 

「元気出せ!」

こんな言葉、俺がいまの彼女の心境なら、ちっとも嬉しくない。

気持ちはわかるけど、俺の気持ちを理解しようとせずに、

むりやり元気な次元に引っ張り挙げようとしてる気がする。

 

そんなこと、俺にはできない。

 

いまの俺にできるのは、彼女の心境に一歩でも近づくこと。

より近づくには、彼女の話をきくべきだけど、

きいても俺がその気持ちに近づけるだけで、彼女にメリットはない。

所詮、自己満。

だからこうして、ひとり悶々としてるんです。

 

俺が思うことを書きます。

ここから先、自己満レベル急上昇するので、

読みたくない人はブラウザ閉じちゃってください。

 

 

 

・・・思ったことをただ書くのはやめます。

俺も気分悪いので。

 

なので、

久しぶりに曲を紹介します。

彼女に捧げ・・・るときっと迷惑なので、

捧げたいけどここに書くだけにします笑

 

 

 

 

泣きたい夜は泣けばいい

頭が痛くなるくらいに

そうさ

まだまだ明日がある

歯をくいしばって眠ろう

 

人間は同じことを

何度も繰り返してしまう

だけど

ゆっくりと

いろいろ覚えてゆきます

 

困ったときに一番

力になってくれる人を

いつも大切にしよう

心から僕は思います

(Something Else 「反省のうた」 詞/曲 今井千尋)

 

 

あなたの、

元気な姿が見たい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)