2006.02.18

春を愛する人、春が愛する人

・・・眠い

まもなく夢の世界からお迎えがくる。。。(壊

それまでに書き上げなくては!!

 

 

最近、そ●うから封書が届いた。

開けてみると、給与明細だった。

先月中旬の改装のお手伝いしたときの給料。

 

・・・が、何かおかしい。

1月分2日間の給与なんだけど・・・

俺んちからそ●うまでは電車で25180円。

往復で2日分だから、全部で820720円。

なのに、

通勤手当(交通費)が360円しか入ってないじゃないか。くっそ~っ!!

 

人事担当に電話してみた。

「君さぁ、交通費は往復分書いてくれなきゃ」えっ(っ゜∀゜)っ?

 

状況を整理してみよう。するほどのことじゃないよね

俺が最初に出した書類には、交通費片道分を180円だって書いた。

そしたら、人事課は往復180円だと勘違いした。

 

・・・まぁ、俺が悪いんだよね。

 

みんなも、ケアレスミスには注意しようね♪

じゃないと、

 

 

 

バカみるぜ。ほんと。

 

 

 

今日、予備校の先輩TAから次なる指示が来た。

そして、さっちーからもメールが来た。

 

いよいよ、今年度最後の大仕事だ。

・・・何だか覚えてる??

 

 

そう、合格追跡

合否結果を電話して直接聞くという、TA業務の中でも特に困難を極める業務だ。と俺は思う

 

だって、合格したんならいいけど、

合格できなかった人に聞くのはあまりにもだもん。

 

でも、仕事だから。

そう割り切るしかない。

これをやれば、

の1年間の努力、先生の努力、生徒さんの努力、

これらの集大成ともいえる結果を見ることになる。

 

よくても、悪くても。

 

 

俺が思ってるより早かった。

みんな、俺はそろそろ電話するよ。

待っててね。

 

喜びの報告、きかせてね。

涙の報告、きかせてね。

 

 

待ち遠しい、春。

でも、あんまり待たせ過ぎもよくない。

もう、いいよ。

一緒に、

最高の春を迎えに行こう。

ブログランキング
学生ブログRANKINGで968位! JRANKで5位!
ありがと~(≧∀≦) これからも応援よろしくです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

サクラ咲ケ

先日、久しぶりに予備校の“外回り”に行ってきた。

今回の営業:1日目は東●大学附属東●高校。

自然科学系で有名なあの大学の附属高校だ。

 

・・・いやぁすごかった笑

入学案内と当予備校オリジナルデザインの4色付箋をパックしたものを校門前で渡すんだけど、・・・

附属中学校の男の子5人くらいに「くださぁいっ!!」って襲撃されたり、渡した女子高生に目の前で付箋だけ抜き取って資料捨てられたり。。。

 

営業もラクじゃないねぇ

 

営業:2日目は私立●田高校。

あの●田山新勝寺が出資する財団が経営する学校で、附属小中学校が同じ敷地内にある。

下校時刻(のはず)の16:00に正門前に到着。

が、誰も出てこない。。。

そして、寒い・・・

150部くらい準備していったのに、100も配れなかった。

 

でも、有力なお客様候補にも巡り合えた。

お子さんを迎えに来ていた親御さんに声をかけられた。(!!)

「どこの塾?」

「●台です」

「じゃあひとつちょうだい」

いちばんいいおまけつきのを渡して、

よろしくお願いします

って笑顔で言ってみた☆

あまりの寒さに俺の声と手が震えてるの笑われちった^^;

 

やっぱり、

営業もラクじゃないねぇ

 

 

●田山新勝寺で思い出したんだけど、俺って毎年●田山に御参りするんだ。

今年も行ってきたんだけど、なんと!

 

生まれて初めて、おみくじで大吉ゲット!!!

キタ―――――(゜∀゜)――――――!!!

内容を要約すると、

最後に勝つ!!

みたいな。

 

今年はいつもよりちょっとだけ多めにお賽銭投げて、みんなの分もお祈りしてきた☆

さらに、護摩焚きもしてきた★☆

 

だから、みんなも、

最後に勝つ!!

 

 

 

きのう俺のもとに、嬉しい合格報告が届いた。

俺の友達の弟さん。

千葉県の公立高校の特色化選抜試験(?)に合格。

おめでとさん^^

 

 

みんなのもとにも、

きっと、きっと、

桜咲くよ

 

 

サクラ咲ケ

僕の胸のなかに芽生えた名もなき夢たち

振り向くな

後ろには明日はないから

前へ

前へ

(嵐 「サクラ咲ケ」より)

←ランキング参加中~クリック投票お願いしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

“宝物”たちへ

12月になったね。

今年はわりと暖かい冬だった。でも、さすがに12月ともなると、・・・寒い

こう寒くなってくると、かつての恋人の笑顔が、言葉が、そして何よりも存在自体がいかにあったかかったか、俺を支えてくれていたかが手に取るようにわかる。

受験生にもにも、クリスマスはない。

―――がんばろ。

 

今日、いよいよ予備校での担当クラスが終講する。

4月1日に採用されてからの8ヵ月は、あっという間だった。

 

壇上でしゃべることも、黒板を消してスーツが白くなることも平気だった。

でも、初めて教室に立ったあの日、俺は不安でいっぱいだった。

 

果たしてこの15人の生徒たちは、俺を受け入れてくれるのだろうか

 

俺はお前らを本気で現役合格させる。

だから、俺の話を本気で聴いてくれ。

そう思えば思うほど、話す内容ばっかりで頭がいっぱいになって、何しててもネタ探ししながらの生活になった。

友達とカラオケに行ってても、恋人と映画見てても、テスト前で勉強しなきゃいけなくても、とにかくもう常に次回の授業のとき教室で話すことばかり考えていた。

 

11月、自分が受験生だった頃をふと思い出した。

予備校の中で唯一頼る、というか甘えることができたのは、自分のクラス担任だけだった。

当時の俺の担任はMさん。

天然●●を兼ね備えた素敵な女性だった。

俺が行きたくて行きたくてしょうがなかったW大学の学生さん。

当時の俺にとって、いちばん身近な目標になった。

 

予備校で、学生ではなく、学生をサポートする立場になり、担当クラスの在籍数が33人になったいま、彼らにとっての目標になりたい、改めてそう思うようになった。

 

今日、俺のクラスは解散する。

なんともいえない気分だ。

卒業式を目前に控えた先生の心境は、こんな感じなんだろうか。

共に一生懸命頑張ってきたこと。それはもちろん嬉しい

でも、このメンバーが集まることはもうない。それはちょっとさみしい

年下のようで、友達のようでもある。

皆が俺と同じ18歳のこのクラスは、かつては不安材料だった。

なのに、いつしか、俺の宝物になっていた。

宝箱は、今晩、空っぽになる。

 

そんな中、飛び上がりたくなるほどハッピーな知らせを受けた。

クラスの生徒さんの元に、が咲いた

自分のクラスからひとり、またひとりと合格者が現れるとき、自分の1年前の記憶と重なってつい泣き出しそうになる。

 

――――受験は、勝ったほうが泣ける

 

俺は、あと何回泣けるだろう。

 

俺は、泣きたい。

33回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.24

「冬の思い出」編集後記

11月12日の「冬の思い出」はもう読んでいただけましたか??

親愛なる後輩に託した、俺の屈辱解消・・・。

 

彼女は、やってくれました!!

見事に合格したのです!

春からは、彼女らしい目標を胸に、青春に復帰していくことでしょう。

 

彼女は、もうこのブログには戻ってこないでしょう。

でも、そんな彼女が受験に悩み、苦しんだ日々を共に歩むことができた。

そのことが、とても嬉しい

そして、もし俺が少しでも漬物石の下に潜り込めていたのなら、なお嬉しい

 

何度でも言う。

俺は、ひとりでも多くの受験生の力になりたい。

だから、このブログを書く。

ただ、残念なことに、ご覧の通りカウンターすらついてないこの格安ブログでは、どなたがいつここを読んでくださってるのか、何名の方がここをお読みくださってるのかがまったくわからない(笑)

だから、もしこれを読んでくださった方は、よろしければ、ひとことコメントを残してほしい。

応援させてほしい。

・・・よろしくですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)