2008.04.04

オレンジデイズ。

いつの間にか桜が満開

このブログも3度目の春を迎えましたどーもプリンスです
※こっちのHNプリンスにするかSASUKEにするかやっぱ迷うわー

 

 

そして、

ブログ放置プレイも最高記録を更新しましたw

 

・・・ごめんなさい

 

何度も言い訳してるけど、

 

mi●iの更新が手軽過ぎて

そっち更新したらこっちまで更新する余力がなくなってました;;

 

さらに、

ここ数ヵ月のうちに、

mi●iは絵文字まで使えるようになって、

 

ますます使いやすいヤツになっちまったww

 

 

 

 

確かにmi●iは頻繁に更新してたけど、

べつに暇人してたわけじゃありません。

 

年明けはずっとゼミに明け暮れて、

体力的にも精神的にも限界でした。

 

 

 

ただ、

ひとつ思うのは、

俺の彼女も似たようなこと言ってたんですが

 

―――今の悩みは昔よりも贅沢な悩みだ

 

考えてみれば、

 

大学受験のときは部活の全国大会と推薦入試の両立に悩んだり、

推薦2次で落ちてまさかの受験勉強12月スタートになって途方に暮れたり、

 

大学入ってからも

 

単位どうしようとか

サークルが大変とか

金がないとか

 

ほんとしょーもないことだったのが、

 

ゼミでみんながついてきてくれないとか

進路に向けて予備校に行くべきか行かないべきとか

 

ほんと

世の中にはそんなこと悩みたくても悩めない人さえいる次元の悩みを、

 

いつの間にか偉そうに悩んでる自分がいました。

 

 

 

悩めるだけありがたいんだ

 

 

そういう気持ちになれば、

少し、

ほんの少しだけど強くなれる気がしました。

 

 

 

 

この春、

大学生として新たな一歩を踏み出した人たちへ。

 

 

合格おめでとう。

そして、

素晴らしい4年間を手にしたこと、おめでとう。

 

これから始まる4年間は、

ほんと、

何もかもが無限大です。

 

 

やりたいことは、

本気になればなんだってできます。

 

1人でできないことは、

声を大にして、

一生懸命説得すれば、

 

必ず、

必ず同志がついてきます。

 

そして、

高校生までは考えられなかったほどの大きなことを

 

いつしか成し遂げることができます。

 

 

 

それが、

大学生に許された4年間の自由です。

 

 

 

ただし、

何もしなければ何も生まれない、

それもまた4年間です。

 

 

こんなこと偉そうに書いてる俺も、

はじめの1年半は完全に棒に振りました。

 

 

合宿サポーターとか、

履修相談アドバイザーとか、

サークルとか、

 

とにかくやりたいことがあっても

なかなかはじめの一歩が踏み出せずに

 

結局何もしてこなかった自分を恨みました。

 

 

もしもあのとき

児童文化研究会っていう素晴らしいサークルに出会えなかったら

 

今ごろ俺は

大学なんてつまらんところ辞めてたかもしれません。

 

 

 

 

大学生活の楽しみ方なんて人それぞれです。

 

でも、

大学3年間を終えて、

ひとつだけ言いたいことがあります。

 

 

もちろん、

学部の専門科目も大事です。

一般教養も大事です。

 

自分の専門に誇りを持って楽しめなければ、

大学生でいる資格はありません

 

 

でも、

4年間もの時間を

座学だけで過ごすのはあまりにももったいないと思うんです。

 

 

たくさんの人と出会ってください。

たくさんの活動に取り組んでください。

たくさんの恋をしてください。

たくさんの別れを経験してください。

 

 

 

大学ほど、

出会いと別れに恵まれた場所はない気がします。

 

大学は、

座学以外の時間をどれだけ有効活用するか

これに尽きます。

 

 

 

これから始まる大学生活。

とにかく、

 

悔いのない4年間にしてください。

 

ただし、

4年以上いる必要はありません。笑

 

 

 

 

俺のクラスの102名も、

無事に進路を決めました。

 

 

 

 

俺があの予備校で担任をするのもあと1年。

来年の今頃、

 

最後の卒業生と共に

俺も胸を張って予備校を巣立ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

妄想力。

またひとつ終わりを迎えて新しいスタートを切りました

人生なんて小さなゴールリタイアスタートの繰り返しだよねどーもSASUKEです

 

なんかよくわかんないけど、

きっと俺よくがんばった!

 

いまはちょっとつらいけど、

きっとすぐに忘れるさ。

 

 

てか、

もうすぐまた夏休みが終わって忙しく過ぎてくんだ。

考え込んで落ち込んでる時間なんてないさ。

 

 

これまでの2年半だって、

いろいろあったけどあっという間だったしね。

 

 

奇跡的に現役合格したいまの学部で大学生活がスタートした。

サークルにも入ってなかったのに友達がたくさんできて、

 

酒も覚えて、

 

お世話になった予備校でバイトも始めて、

 

恋もして、

 

それが実ったり、

散ったりした。

 

 

このブログを始めた。

 

読者が増えなくても、

地道に書き続けた。

 

転部試験を受けた。

だめだった。

 

オックスフォード大学への短期留学の夢が、

ほんとに夢に終わった。

 

 

何のためにこの学部にいるかわかんなくなったまま進級した。

ほんとに教師になりたいのかさえわかんなくなった。

 

 

2年になって、

いくつかの出会いが俺の人生を変えた。

 

とりあえず教員免許さえ取れればそれでよかった俺に、

教育学のおもしろさを教えてくれた先生がいた。

 

唯一精力的にがんばってたバイトでの大失敗で自暴自棄になってた俺に、

素晴らしいサークルを紹介してくれた先生がいた。

 

そのサークルには、

子どもが大好きで心優しい人たちがいた。

 

初めて年上の女性に恋をした。

 

先輩たちの引退に初めて大泣きした。

 

 

学部通信の編集部に招待してくれたキャリアアドバイザーがいた。

 

 

教師になることの厳しさを教えてくれた先生がいた。

 

先生になることのおもしろさを教えてくれた先生がいた。

 

 

希望通りのゼミに入って、16人の同期生と出会った。

 

16人いれば16通りの価値観があることを知った。

 

有名な先生のもとで学ぶことのメリットとデメリットを知った。

 

完全に自主性のもとに動く集団を先導することは、

とてつもなく難しいことを知った。

 

 

いろんな恋愛観を持つ女性がいることを知った。

 

 

人は嬉しいときも悲しいときも、

楽しいときも苦しいときも、

 

どんなときでも言い訳して酒を飲むことを知った。

 

「人生はタイミングで決まる」

違うことを証明したかった。

 

波に乗り遅れたことを認めたくなかった。

 

 

後ろを向いてると前には進めないことを知った。

 

 

でも前に進むためには右も左も上も下も見ないといけないことを知った。

 

 

大トロより中トロのほうが程よい甘みがあることを知った。

 

 

音楽には思い出が染み込んで抜けないことを知った。

 

 

普段冷たい人だって、

ふとしたときに心のあったかい人だったりすることを知った。

 

 

救いようのないほどに、

表も裏も冷徹な人なんていないことを知った。

 

 

人は皆、

ギャップに弱いことを知った。

 

 

2人で花火とか星空を見上げることの素晴らしさを知った。

 

 

目を見て話すことの大切さを知った。

 

 

頭か体を使わないと、

金は沸かないことをしった。

 

 

「あいつのこと泣かすなよ」

この言葉の意味を最近知った。

 

 

泣かすことは、

必ずしも自分のせいだとは気づけないことを知った。

 

 

世の中に正解なんてものは存在しないことを知った。

そんなものは人が限界をつくることに等しいんだと知った。

 

 

 

こうして学びながら、

あっという間に大学生活2年半が過ぎた。

 

週明けからは集中ゼミだし、

初日はバイト先の定期研修だし後期も開講する。

 

そこから、

俺の大学生活の残りは勢いを増して終わりに向かっていく。

 

 

ゼミの夏合宿でアンケートをまとめたら、

一斉にアンケート依頼して返ってきたものを集計、分析する。

 

研究報告書をつくって2月の研究発表会でプレゼン。 

 

あっという間に4年目だ。

 

 

この間に学祭があって、

俺はそこでサークルを引退する。

 

ゼミだって卒論のために個人レベルで駆け回るから、

少しずつ、

 

仲間がバラバラにされてく。

 

 

そして、

あっという間に卒業だ。

 

 

 

 

俺の青春は、

瞬く間に幕を閉じる。

 

 

 

 

 

大学に本気で入りたい受験生たちへ。

 

 

大学はすげーいいところだ。

 

勉強も、

遊びも、

バイトも、

恋も、

 

みーんな好き放題しときな。

 

4年間なんて長いようで短いから、

あとで後悔しないだけやっときな。

 

でもときには自由の度を超して生活が乱れることもある。

 

そんなときはこいつを飲んで体をいたわってやれ。

けっこう俺もお世話になってたり。

 

ひとり暮らしならなおさら助けられちゃうかも。笑

 

 

とにかく、

一度しかない人生を、

なかなか2度目が難しい大学生を、

 

多いにエンジョイするといい。

 

 

そのためには、

あと5ヵ月、

死に物狂いで勉強しよう。

 

そしたら、

無限大の可能性を秘めた4年間が待ってるから。

 

 

勉強は「むることをいる」と書く。

 

つらいのなんてあたりまえじゃん。

 

 

大学合格を目標にしないで、

「合格して○○したい!」って、

大学生になってエンジョイしてる自分を妄想しよう。

 

しばらく物思いにふけって、

ふと我に帰ったらニヤニヤしててちょっと恥ずかしい。

 

現役合格には、

それくらいの妄想が必要です。

 

 

もう少し。

あと少し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

引き出しに眠る成功の母

失敗

―――失って敗れる。

 

なんて嫌な響き。

黒板引っかく音と歯医者の歯削る音と並ぶ

世界3大不協和音だね(謎)

 

こんな言葉、

裁縫で袋の口間違って縫っちゃったり、

教科書忘れちゃったり、

逆方向の電車乗っちゃったり、

寝言で違う女の人の名前呼んでたって言われたくらいで

使うんじゃない

 

使っていいのは、

ほんとに失って敗れたときだけ。

 

 

 

 

 

・・・なんで急にこんなこと言ったかっていうとね、

さっき失って敗れた記憶が甦ったんだ。

 

机の奥から、処分したはずのあいつとの思い出がごろごろ出てきた。

 

 

プリクラ

 

  

 

盲点だった。

 

 

 

 

 

2人で撮ったプリクラと写真は残らず片付けた。

でも、仲間と共に撮った、

付き合う前のものにまでは気が回らなかった。

 

 

 

俺に見せなくなって久しいいろんな表情が、

そこには、確かに存在する。

 

俺は、これらを撮った数時間後に目に見えない何かを手に入れ、

1.5ヵ月後、その何かを失い、敗れた。

 

 

そう、

俺にとって、

かけがえのない、何かを失くした。

 

 

 

 

失うこと。

敗れること。

 

 

それは、そういつも訪れることではない。

 

人生を変える。

それが失敗。

 

人を変える。

それが失敗。

 

 

 

そう、

失敗の存在意義は大きい。

 

 

 

A failure will be a stepping stone to success.

―――失敗は成功の母。

 

 

 

そうだ。

前を向け。

 

歩き出せ。

 

 

努力が実を結ぶ、その日まで。

ブログランキング
←パチパチ♪
今日もぽちぽちっと♪応援よろしくです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.12

休業宣言

どーも(´∀`)

お久しぶりです☆

 

しばらくブログ放置しててすみませんm(_ _)m

ほんとに忙しいんです。。。

 

でも、きのうやっと3分の1が済んだのでちょっと休憩がてら更新してます。

 

 

 

さてさて、いよいよ俺も大学2年生。

日本武道館で入学式やったのがもう1年前なんだって思うと、なんだか時の早さに切なくなるよね。

 

なんていうか・・・

 

こうやって歳をとってくのかなぁ。。。

 

と(-"-;)

 

 

 

早くも人の人生の切なさ儚さを悟った19歳。

 

 

 

 

 

サークルやってないからひまかと思いきや、バイト授業がハードだったぜ。

バイトは企画責任者になったからだし、授業は教職取ってるからだし、

まぁしょうがないんだけど。

 

 

ショックなことにさ、この俺がカラオケ行けない時間割組んじゃったんだよね。

 

教員志望とはいえ、なんか切ない^^;

 

カラオケ行けない≒映画行けない≒デートでk(強制終了

 

B. M. AXIS 19歳、恋愛休業宣言!!

  

誰か俺の代わりにいくつか授業出てください・・・

もしくは学内で誰か付き合ってくだs(強制終了その②

 

 

 

ところで、高校3年生の皆さん、今年は受験生ですよー。

 

だから、

 

俺みたいに恋愛休業しようぜ☆

 

で、来年の春、

 

 

 

いっしょに春をつかもう

 

p.s.いま大学にいる人の中で、いっしょに昼ごはん食べてくれる人募集中(笑

ブログランキング
←パチパチ♪
今日もぽちぽちっと♪応援よろしくです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.24

早咲きも春、遅咲きも春

もうすぐ今年の受験が終わる。

ある人の桜は咲き、またある人の桜は散る。

それぞれに様々な感情と試練を与え、桜前線は去っていく。

 

でも、でも、

まだ咲いてない人、散るんだって考えるのはまだ早いよ!

あなたの桜は散ってない。

まだ咲いてないだけだ。

これから咲くんだ。

 

「でも全部だめだったし」

 

だいじょぶ!

新聞拡げてごらんなさい♪

今からでも受けられる大学が出てるよ。

 

 

自分を信じること

 

これができないひとと、

「もうだめだ」なんて簡単に思っちゃうひとと、

がんばる宣言した自分を簡単に裏切れるひと、

そんなひとは開花どころか蕾すらつかない。

 

 

貴方の桜の蕾が開くためには、

貴方の弛みない忍耐不断の努力がいる。

ずっとずっとそのパワーを出し続けることで、

春、蕾がぱっと開く。

 

恥ずかしいくらいに立派な満開にするためには、

恥を捨ててがむしゃらにがんばる必要がある。

まわりの視線なんか気にすんな。

 

 

つらいこと

苦しいこと

乗り越えるからこそ

心ん中

底から共に笑えるんだ

 

Wo Wo 実際つかみとれ!

Wo Wo 流れ星 嗚呼

Wo Wo 刹那な春夏秋冬

Wo Wo 消える季節 嗚呼

 

我武者羅に全力で突っ走れ! 突っ走れ!

嫌な事も吹っ飛ばせ! 吹っ飛ばせ!

 

Wo 走れ 走れ 走れ...(略)

(3B LAB. ☆「我武者羅」 作詞・作曲 岡平 健治)

 

 

・・・いいところでまとめが思いつかないので、

ここでブログニュース!!

 

こんななんちゃって受験ブログ「☆★桜、咲け★☆」に、

なんとバトンを渡してくださった方が!!!

 

自由が丘の女王様より頂いたのは、そんな名前だったっけ?笑

モテバトン。

 

・・・なんともいえないこの疎遠な響き。

まぁせっかくの初バトン、元気出していってみよー

 

1.モテたと言う時期は?
 
ない(-"-;)
女友達の人数と一緒に過ごす時間はいまが最長かな。
・・・ま、まぁ、それはそれで迷わず恋人に一途になれる☆寂しい言い訳だよね
 
2.似ていると言われた事のある芸能人は?
 
織田裕二。特に目のあたりが似てるって言われてた。
目のあたりの写真公開してるから、似てないことくらいすぐわかるし、
そもそも鼻が天を向いてる時点で織田裕二似には100年早いよね
 
3.恋人を選ぶポイントは?
 
笑顔がキラキラしてること。そんな人は心もキラキラ(≧∀≦)
  
4.ここぞという時の香水や服装はありますか?
 
さわやか吐息(笑)
服装は・・・スキーウェアですね(!)
スキーのときだけ男らしくなる☆と自分で思い込んでる
 
5.告白されたことはありますか?あったら何人?
 

こんな俺でもあるんですねぇ。
3人。初対面の後輩とか焦るよね^^;
 
6.わざとデートに遅れたことはありますか?
 
んなわけないっしょー!!
好きな人との待ち合わせは、基本的に20分前から待ちます☆
でも、緊張し過ぎでお腹痛くなって遅刻したことはあります(恥
 
7.このバトンを渡す5人は?
 

残念なことに、ネット上でお友達少ないんですねぇ。。。

・小室未来様
・さくら様
・かおりん様

う~ん、これ以上ムリ(_)
3名様、いかがでしょう?

 

 

バトン難しいなぁ。。。

これくれたしのっちさんはあんなにおもしろいこと書いてるのに、

俺のこの答えは一体・・・だっせ~

 

受験生をはじめとする、読者の皆様!

ご覧の通り、バトンも、やり慣れないと気の利いたこと書けません。

 

―――継続は力なりうわぁなんて無理やりなまとめ

ブログランキング
学生ブログRANKINGで576位!←急上昇中☆ JRANKで5位!←上昇中♪
これからも応援よろしくです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.03

試練の正体

恥ずかしいことに、大学生になってからは若干遊び癖がついてしまいまして。。。

テストの度に、「お礼」と称してご飯おごって財布が涼しくなっていく

あ、前後期共に俺の英語を救ってくれたM、お礼すること忘れてませんよ!

男は約束を守ります。

Mには、次会ったとき何か考えるので、お楽しみに☆

 

まもなく、私立大個別試験全盛期だ。

次々に襲ってくる試練。

ひとつひとつに一喜一憂してる暇はない。

しないためにひとつ。

 

特に2~3日試験が続くときは、

3日とも終わるまで自己採点しちゃだめえぇっっ!!!

 

中には、

「自己採点したほうが、間違えたところを翌日に活かせる

なんて言う人もいるけど、

たいていの人は、ミスを見つけると、次に活かす前にヘコむ

そんなん見ないほうが絶対絶対いいって。

上位校になればなるほど試験日が後のほうに設定されてる傾向がある。

だから、

3日間受けたらそこで初めて自己採点して、次の3日間に活かそうぜ。

 

 

試練を乗り越えるのってやっぱり怖いよね。

苦しいよね。

試験中は、すっごく緊張するよね。

それは、苦労が結果に繋がる保証がないから。

 

 

実は俺もある試練に立ち向かう。

 

正直、怖い。苦しい。

もちろん緊張だってする。

 

でも、もしその試練を乗り越えたら?

その先にあるものは?

 

そんなときは、

志望校に合格して、

入学式に参加している自分を思い描いてみよう。

・・・やる気倍増するでしょ??

 

 

なんで苦しいのか。

それは跳ばなきゃいけないハードルが高過ぎるから。

じゃあ、高くしてるのは誰?

それは、自分自身

ちょっと背伸びして、実力以上の奇跡に賭けてる証だ。

 

 

でも、ほんとは、実力勝負するために勉強してきたんだよね?

 

自分にできることだけをすればいい

無駄に高くした自分のハードルを下げて、その分確実に跳べ。

 

―――Do your best → better.

無理しない。無理しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

花咲かじいさんの話

これで、しばらく予備校に顔を出すことはない。

次に行くのは、皆の受験が終わる、

・・・とか何とかしみじみ言ってたけど、早速行ってしまった^^;

俺とあの予備校は、どうやらがあるらしい。。。

 

 

今回は3度目の代行勤務だった。

初めて、高校特別クラスを担当した。

ふつうのクラスと違って、うちと高校が契約して実施してる、高校のクラスがまるごと予備校で授業を受けるクラスだ。

 

つまり、生徒さんにしてみれば、右も左も学校のクラスメイト

よって、彼らの会話には常にが咲いている。

初対面だし、1年生だから申し訳ないけどまだ子供だし、なかなか彼らの話に割り込んで連絡事項を話せない。

 

俺は考えた。

どうすれば俺の話を聞いてくれるだろう。

 

そうだ!

この高校は、俺の母校の系列の学校だ。

だから、

「聞きたい人だけ自己紹介きいてください」

って言って、高校ネタで先制攻撃。

 

すると、

「じゃあ●●さん知ってる??」

なんて質問がたくさん飛んできた。

中には、かつて恋心を抱いていたあの子の名前も登場し、

「友達なんだ~。●●さんに言っとくね♪」

なんて焦ることも言われたり...

 

なんとか50分×4コマを駆け抜けたが、それにしてもうるさいクラスで連絡に時間かかり過ぎた。

でもまぁほんとに高校のクラスを担当したことで、高校教師の夢に一歩近づけたからいいことにしよっか。

 

 

久しぶりに、俺のクラスの生徒さんと会った。

皆笑顔で挨拶してくれた。

でも、、、あの頃より顔つきがずっと引き締まったね。

目つきが変わったね。

 

授業最終日でさえも和やかな空気が流れてたクラスの皆が、ちょっと会わないうちに頼もしい若武者になってた。

テスト前日になって、テスト範囲書いた紙がなかなか見つからないなんてやってることがほんと恥ずかしい。。。

っていうかブログ書いてる間があったらそっち探せっていう意見もあるとは思うけどさ(笑)

 

 

この18年間、貴方は自分の中のを咲かせては散らし、咲かせては散らし、を繰り返しながら、大きく大きく育ててきたことだろう。

 

そして今、人生の軌跡とも言える貴方の桜の木には、「努力」という名のがなっている。

桜前線は順調に北上を続けて、もう貴方のすぐそばまで来ている。

 

桜が咲いたら1年生♪

 

だから、

咲かせよう。

 

恥ずかしいくらい立派に、

そして、満開にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

“ちょっと”の威力②

早く12月にならないかなぁ

受験生を応援してるくせに、もっともっと勉強時間がほしい受験生とは逆のこと思ってる。

 

―――なぜか。

その答えは、俺の生死に関わる問題だから。

いまの俺の財布を開ければわかる。

ただいまの所持金、870円!!

 ※そのうち10円は平成17年のピカピカ10円玉だから使いたくない(笑)

 

前に、俺が友達の家に泊まりに行くってときに財布忘れたことがあったんだけど、そのときさっちーは「いま2万数千あるし、貸してやるよ」と言ってくれた。

―――なんという紳士的な発言(T^T)

それに、こんな風に、財布の中で諭吉一葉カップルが何組も成立してる人もいれば、俺みたいに小銭が数枚(1円玉が無駄に多い)だけで、札入れるとこにはレシートいっぱい詰まってる人もいるから、一概に大学生が高校生より金持ちとは言えない。。。

 

・・・このまま話をやめたら、俺はきっとただの貧乏学生扱いされそうだから、一応言い訳しとく。

予備校の仕事のほかに、ホテルの結婚式披露宴他各種パーティのウェイター(俺の会社ではサービスクリエイターという)やってるんだ。

まぁ月末財布の中身が1000円切っちゃうくらいだから、予備校と合わせても大してもらってないんだけど、それでも、いまは給料貯めて買いたいものがある。

それは、新しいノートパソコン!!

狙ってるのは、TOSHIBA Dynabook SS SX。(→http://dynabook.com/pc/index_j.htm

安く買える大学生協でも20万は決して下回らない。

高いのは、小さくて(B5)軽くて薄い(最薄部1.1cm,1.29kg)から!!

 

まぁいま使ってるNEC Lavie Lアドバンストタイプ(→http://121ware.com/lavie/)も性能に全く不満ないんだけど、通勤ラッシュの時間帯に1時間も電車の中で重くてでかいPC(A4,3.8kg)をかばうのはすっごく疲れる↓↓

だ・か・ら! 20万オーバーのダイナ買う!!

 

そのために、ちょっとずつちょっとずつ貯金してる。

「“ちょっと”の威力」でも書いたけど、やっぱり一気に5万も貯金に回したら昼ごはん食べれなくなっちゃうから、収入があるたびに一部だけ貯金。。。

Constant dripping wears away the stone.

―――雨垂れ石を穿(うが)つ。

 

たとえ軒下から落ちる水滴でも、落ちてく下にある石を長い間叩いてるうちに、いつかは石に大きな穴を開ける

・・・水滴が石に穴開けるんだよ! すごいっしょ!?

 

    ●雨垂れ=constant dripping=地道な貯金

    ●石=Dynabook

    ●石を穿つ=wears away the stone=購入!!

 

・・・じゃなくて(笑)、

 

    ●雨垂れ=constant dripping=貴方の受験勉強

    ●石=大学受験

    ●石を穿つ=wears away the stone=合格!!

 

Guys, wear away the stone to be the victor!!

―――The message from B. M. AXIS.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

“ちょっと”の威力

たまたまつけた深夜番組で、それはそれは巨大なの話やってた。

ついつい最後まで見ちゃったよ(笑)

ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの三ヵ国の国境付近にある。

名は、イグアスの滝という。

ブラジル側から見れば3時間、アルゼンチン側からともなれば8時間はないとゆっくりまわって堪能できないほど大きい、っていうか広い

滝に限らず、草原でも砂漠でもでもでも、でっかい景色ってなんとなく憧れない??

でっかい景色見ると、何だか自分がちっちゃく見えてきそうだ。

ちょっといいことがあって自分が大きく頼もしく見えることがあっても、地球上にぽつんと立ってる自分を考えると、いいことはほんのちょっとのことであって、大きな自分は米粒よりも小さい。

小さいなりにでっかく生きよう

―――出来損ないの詩人みたいなことを思いついた、無意味な1日だった。

 

さて今日は、よく使う日本語「ちょっと」に着目してみよう。

毎日ちょっとずつがんばっても、ほんとに力つくのかな??

なんて不信に思って一度にがんばり過ぎるのは禁物ですぞ。

勉強でも、日記でも、ランニングでも、腹筋でも、ある日突然、思いつきでやったことないくらいたくさんの量をやっても続かない。

これならみんなも経験済みだよね?

 

なんで続かないんだろう?

それは、「やるぞ!」って決めた初日にたくさんやり過ぎて、「明日もあさってもこんなにたくさんやらなきゃいけない」って、自分で自分のノルマを高くしちゃってるから。

高くしちゃだめえぇっ!!

 

じゃあ、どうする?

それは、簡単。

初日にちょっとやる。次の日もちょっとやる。

1回あたりのノルマを下げて、目標達成のハードルを低くしよう

 

A man may learn wit every day.

―――1日1字を学べば360字。

たとえ少しずつでも毎日怠らずに勉強を続ければ、積もり積もって大きな成果に繋がる。

 

“ちょっと”の威力を信じよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

大学を“感じろ”

今週は学祭休講のため連休っす(笑)

でも、サークル入ってない俺は家で引っ張りだこで全然ラクしてません。。。

今日(日付変わったからきのうだね)は、舞浜にある某テーマパークに、を連れて行ってきました。

・・・別に嫌がらせでもなんでもないからね。

あとちょっとがんばれば受験終わるから、思う存分TDLで遊んで来い!!

あ、法政大学は本日23日まで、市ヶ谷地区の自主法政祭大開催中なので、よろしかったらどうぞ♪♪

最寄り駅は、今日のいちばん最後に載せときますので、ぜひぜひお越しください。

ちなみに、大学祭とかオープンキャンパスとかのために勉強ひとやすみして出かけるのは、サボりでもなければ時間の無駄でもありません!!

自分の気持ちを整理する=自分はこの大学に本当に入りたいのか肌で感じるいい機会ですよ!

「なんとなく雰囲気好きじゃない」大学はやめたほうがいいと思うよ。・・・4年間も行くんだし。

 

第一志望も“滑り止め”も、慎重に選びましょう(^^)v

 

<法政大学市ヶ谷Campus>

●法学部・文学部・経営学部・国際文化学部・人間環境学部・キャリアデザイン学部

・JR総武線:市ヶ谷駅or飯田橋駅から徒歩10分←一本道!!

・都営新宿線:市ヶ谷駅から徒歩10分

・東京メトロ有楽町線:市ヶ谷駅or飯田橋駅から徒歩10分

・東京メトロ東西線:飯田橋駅から徒歩10分

・東京メトロ南北線:市ヶ谷駅or飯田橋駅から徒歩10分

・都営大江戸線:飯田橋駅から徒歩10分

いらっしゃいませぇ~^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧