« 本音が言えない。 | トップページ | かにクリームの誘惑。 »

2007.08.25

妄想力。

またひとつ終わりを迎えて新しいスタートを切りました

人生なんて小さなゴールリタイアスタートの繰り返しだよねどーもSASUKEです

 

なんかよくわかんないけど、

きっと俺よくがんばった!

 

いまはちょっとつらいけど、

きっとすぐに忘れるさ。

 

 

てか、

もうすぐまた夏休みが終わって忙しく過ぎてくんだ。

考え込んで落ち込んでる時間なんてないさ。

 

 

これまでの2年半だって、

いろいろあったけどあっという間だったしね。

 

 

奇跡的に現役合格したいまの学部で大学生活がスタートした。

サークルにも入ってなかったのに友達がたくさんできて、

 

酒も覚えて、

 

お世話になった予備校でバイトも始めて、

 

恋もして、

 

それが実ったり、

散ったりした。

 

 

このブログを始めた。

 

読者が増えなくても、

地道に書き続けた。

 

転部試験を受けた。

だめだった。

 

オックスフォード大学への短期留学の夢が、

ほんとに夢に終わった。

 

 

何のためにこの学部にいるかわかんなくなったまま進級した。

ほんとに教師になりたいのかさえわかんなくなった。

 

 

2年になって、

いくつかの出会いが俺の人生を変えた。

 

とりあえず教員免許さえ取れればそれでよかった俺に、

教育学のおもしろさを教えてくれた先生がいた。

 

唯一精力的にがんばってたバイトでの大失敗で自暴自棄になってた俺に、

素晴らしいサークルを紹介してくれた先生がいた。

 

そのサークルには、

子どもが大好きで心優しい人たちがいた。

 

初めて年上の女性に恋をした。

 

先輩たちの引退に初めて大泣きした。

 

 

学部通信の編集部に招待してくれたキャリアアドバイザーがいた。

 

 

教師になることの厳しさを教えてくれた先生がいた。

 

先生になることのおもしろさを教えてくれた先生がいた。

 

 

希望通りのゼミに入って、16人の同期生と出会った。

 

16人いれば16通りの価値観があることを知った。

 

有名な先生のもとで学ぶことのメリットとデメリットを知った。

 

完全に自主性のもとに動く集団を先導することは、

とてつもなく難しいことを知った。

 

 

いろんな恋愛観を持つ女性がいることを知った。

 

 

人は嬉しいときも悲しいときも、

楽しいときも苦しいときも、

 

どんなときでも言い訳して酒を飲むことを知った。

 

「人生はタイミングで決まる」

違うことを証明したかった。

 

波に乗り遅れたことを認めたくなかった。

 

 

後ろを向いてると前には進めないことを知った。

 

 

でも前に進むためには右も左も上も下も見ないといけないことを知った。

 

 

大トロより中トロのほうが程よい甘みがあることを知った。

 

 

音楽には思い出が染み込んで抜けないことを知った。

 

 

普段冷たい人だって、

ふとしたときに心のあったかい人だったりすることを知った。

 

 

救いようのないほどに、

表も裏も冷徹な人なんていないことを知った。

 

 

人は皆、

ギャップに弱いことを知った。

 

 

2人で花火とか星空を見上げることの素晴らしさを知った。

 

 

目を見て話すことの大切さを知った。

 

 

頭か体を使わないと、

金は沸かないことをしった。

 

 

「あいつのこと泣かすなよ」

この言葉の意味を最近知った。

 

 

泣かすことは、

必ずしも自分のせいだとは気づけないことを知った。

 

 

世の中に正解なんてものは存在しないことを知った。

そんなものは人が限界をつくることに等しいんだと知った。

 

 

 

こうして学びながら、

あっという間に大学生活2年半が過ぎた。

 

週明けからは集中ゼミだし、

初日はバイト先の定期研修だし後期も開講する。

 

そこから、

俺の大学生活の残りは勢いを増して終わりに向かっていく。

 

 

ゼミの夏合宿でアンケートをまとめたら、

一斉にアンケート依頼して返ってきたものを集計、分析する。

 

研究報告書をつくって2月の研究発表会でプレゼン。 

 

あっという間に4年目だ。

 

 

この間に学祭があって、

俺はそこでサークルを引退する。

 

ゼミだって卒論のために個人レベルで駆け回るから、

少しずつ、

 

仲間がバラバラにされてく。

 

 

そして、

あっという間に卒業だ。

 

 

 

 

俺の青春は、

瞬く間に幕を閉じる。

 

 

 

 

 

大学に本気で入りたい受験生たちへ。

 

 

大学はすげーいいところだ。

 

勉強も、

遊びも、

バイトも、

恋も、

 

みーんな好き放題しときな。

 

4年間なんて長いようで短いから、

あとで後悔しないだけやっときな。

 

でもときには自由の度を超して生活が乱れることもある。

 

そんなときはこいつを飲んで体をいたわってやれ。

けっこう俺もお世話になってたり。

 

ひとり暮らしならなおさら助けられちゃうかも。笑

 

 

とにかく、

一度しかない人生を、

なかなか2度目が難しい大学生を、

 

多いにエンジョイするといい。

 

 

そのためには、

あと5ヵ月、

死に物狂いで勉強しよう。

 

そしたら、

無限大の可能性を秘めた4年間が待ってるから。

 

 

勉強は「むることをいる」と書く。

 

つらいのなんてあたりまえじゃん。

 

 

大学合格を目標にしないで、

「合格して○○したい!」って、

大学生になってエンジョイしてる自分を妄想しよう。

 

しばらく物思いにふけって、

ふと我に帰ったらニヤニヤしててちょっと恥ずかしい。

 

現役合格には、

それくらいの妄想が必要です。

 

 

もう少し。

あと少し。

|

« 本音が言えない。 | トップページ | かにクリームの誘惑。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/16236739

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想力。:

« 本音が言えない。 | トップページ | かにクリームの誘惑。 »