« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.26

受験が怖くなったら

久しぶりに高校の後輩と会って来ました

受験生と合わせる顔ないですがぶっちゃけほろ酔い中ですどーもSASUKEです

 

いやーどんだけぶりの更新なんでしょ。。。

 

それでも、

なんていうか義務感みたいのから、

アルコールだいぶ回ってて家でもスーパードライ飲み直したヘタレ学生なんだけど更新はします。

 

 

実は最近、

受験に立ち向かってすげー苦しい思いをしてる人の存在を知ったんだ。

 

そこで、

参考になるかわかんないけど、

俺が言えることすべてつぎ込んで久しぶりに受験応援ブログらしいこと書いてみる。

 

まずは、この記事を読んでほしい。

 

 

彼女にとって、

受験は目標にたどりつくためには何が何でも乗り越えたい「試練」なんだと思う。

 

何が何でも」っていう気持ちがあるから、

失敗したくないからこそつらくなるんじゃないかな。

 

だから、つらいことはとっても大切なことなんだ。

  

 

 

俺が2年半、

某予備校で大学受験を目指す高校生と向き合ってきて気がついたことがある。

 

特に何人かの子との接触で気がついた。

 

 

どうしようもなくつらくなって、俺の前で泣き出した子がいた。

 

その子のことを書いた記事が実はあったりする。キモい担任だなー

 

でも、

この子が俺の前で泣き出したことが、

このブログを始めるきっかけになったのはほんとのことだったりする。

 

 


この子との接触で気がついたのは、

 

だんだん苦しくなってく受験生は、

 

①自分はまわりより勉強ができないと思ってる

②やらなきゃいけないことをあれもこれもって全部頭で考えてる

③大学に合格することを目標にしてる

 

傾向があるってこと。

彼女にあてはまってるものはあるのかな??

 

 

なんだそれって思う人もいるだろうから、

俺なりの解説w

 

 

①自分はまわりより勉強ができないと思ってる

「おもしろい」なんて言ったら受験生に失礼だけど、

ほんとにおもしろいほど大多数の受験生が同じこと考えてる。

特につらくなっちゃう受験生が。

 

みんな苦しいのをひた隠しにしてるんだって、

自分だけじゃないんだって、

まずは自分に言い聞かせてみよう。

 

 

極端な話、

受験はプラス思考に切り替えるだけで乗り切れる人がたくさんいたりする。

 

模試の成績が友達より悪くても

この日はちょっと眠かった」って自分に言い訳してみたり、

「私はあとで一気に伸びるタイプだから」って言い張ったりしてみよう。

 

もちろん自分に。

 

 

 

大事なのは、

自分に自信を持つこと。

いまは成績が合格点に届いてなくても、

試験当日に合格最低点に届けばそれでいい。

 

「あと○ヵ月しかない」ではなく、 

「まだ○ヵ月もある」って考えるようにしよう。

 

 

②やらなきゃいけないことをあれもこれもって全部頭で考えてる

別に悪いことじゃないよ。

ただ、

これもつらくなる理由のひとつだったり。

 

小学生の頃から、

何かと「学習計画表」なんてものを作らされた記憶はないかなぁ?

 

あれはすべて、

大学受験のためにあるもんなんじゃないかって最近思い始めた。

 

何が言いたいかっていうと、

《やらなきゃいけないこと=暗記したり理解したりする学習ではないこと

これは頭で整理する必要のないことだってこと。

 

これだけでも膨大な量なんだから、

これをどこかによけて、

その分暗記とかに脳みそ使いたくね!?笑

 

 

ならよければいいんだよ!!

 

によけてくださいな。

 

別にいつやるかまで書かなくていいよ。

最初は「これからやること」をすべて、

思いつくままに書きなぐるんだ。

 

脳みそに重くのしかかってたことがひとつ下りるのでほっとするし、

うっかり忘れてた勉強も出てくるかもよ。

 

全部出尽くしたと思ったら、今度は

 

a.今週中に終わらせること
b.夏のうちに終わらせること
c.秋以降にやろうかなーってこと
d.期限とかなしで、とりあえず毎日続けとくかってこと

 

の4つくらいにおおまかに分けてみよう。

 

するとほら!!

いまやることの優先順位が自然に決まる!!

自分で決めたことだから自信持って取り組めるはず。

 

 

※約束※

週末には、a.だけ作り直すこと。

夏が終わる頃には、a.とb.が片付いてるはず。

 

秋に入ったら、またa.を毎週立てよう。

このとき、1日のノルマを設定しないこと。

 

なんでって・・・疲れるから。爆

 

受験生はただでさえメンタルよわめになるから、

それくらいがちょうどいい!!

 

 

③大学に合格することを目標にしてる

これこそ何が悪いんだって話だけど・・・

 

もちろん、

 

合格

 

の2文字を見るその瞬間の喜びのためにだって努力はできるけど、

せっかくならもっとがんばりたくなる目標にしたくね??

 

これは俺が予備校の担当クラスでうるさいくらい言ってることだけど、

《大学に合格することじゃなくて、大学に合格して何をするか

を目標にしよう!!

 

たとえば、

まぁ学生として模範的なのは

「●●先生のもとで●●学を勉強するために●●大学に行く!!」

 

次に模範的なのは

「●●大の●●部で活躍したい!!」

で、

 

あとはまぁ

「バイトで金稼ぐ」

とか

「●●大」の名前使って合コn(強制終了

 

 

 

要するに、

入試に合格した瞬間の自分よりも、

その先の自分を思い浮かべたほうが、

 

やる気がぐーんとアップして、

どうしよう・・・

から

やるしかないっしょ!!」

に変わるんだよね。

 

 

合格通知を受け取った瞬間の涙がこみ上げてくる感じを想像するのもいいけど、

大学で輝いてる自分を想像するほうがやる気になるってことです。

 

思い浮かべて、

はっと我に帰ったらニヤニヤしてるくらいがちょうどいいです。笑

 

 

 

とまぁ、

俺の受験体験と、

バイトを通した受験生のサポート経験を踏まえた受験必勝法の一部を紹介してみた。

 

 

結局のところ、

自分を信じて「自分なら勝てる」という確信を持てた者が勝つ。

 

 

もちろん学校別の対策は必要だけど、そんなの二の次だ!!

 

自分の気持ちをコントロールして、

その上で大学の情報を仕入れて活かしたた奴が勝つ!!!

 


大学に行ってみて大学を“感じる”こともモチベーションアップにつながるよ。

 

 

何はともあれ、

その大学に行ってる自分を妄想しよう

 

きっとそれが、

絶大な力を発揮するに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »