« 最後に信じるのは | トップページ | 受験が怖くなったら »

2007.06.17

永遠にともに

※mixiと同じ内容です

 

 

またまた得意の放置プレイしてやったぜ

mixiはほぼ毎日更新してるんですよどーもSASUKEです

 

 

ほらあれ、

また赤ちゃんポストのニュースあったじゃん。

 

あれに対してmixiではいろんな人がいろんな意見書いてたね。




なんていうかさ、

入れられた赤ちゃんのことを思ったり、

ご自身の子育て経験と照らし合わせたりして

この子を置いてった親を責めてる人が多いけど。。。

 

それは「置いてった」っていう事実だけを見てるからでないかい?

 

ほんとに責めるべきダメ親のしわざかもしれないけど、

そうじゃないかもしれないじゃん。

 

 

何が言いたいかってーとね、

子どもをそこに置いてくっていう決断をするまでのプロセスを知らないくせに、

 

人1人を容易く値踏みちゃいけないんじゃねーのってこと。

 

 

もしかしたら、

多くの人が言ってるように、

軽い気持ちで中出しして欲しくもない子どもができちゃって、

結局産むだけ産んだけどやっぱり要らないみたいな人間のクズのしわざかもしれない。

 

そんなクズならお前も一緒に保育器に座って育て直してもらえって話だ。

 

勘違いしないでほしいのは、

中出しバカが全員クズだって言ってんじゃないよ。

 

そりゃもしもできちゃったときのこと考えて、

精神的、物理的、経済的に出産・子育てに責任持てないくせに中出しするのは論外だけど、

 

ちゃんと先っぽつまんでするするーっとかぶせたのにできちゃった人だっているだろうし、

先っぽつままずにかぶせて破れて(以下略

 

 

 

ほんとに好きな人とかすげーいい感じの人がひと晩自分だけのものになったとき、

つい何もつけない過ちを犯しちゃったとか、

つい中に出されることを許しちゃったなんてこともあるかもしれない。

 

 

 


結局妊娠して、

中絶か出産かの選択で、

少なくとも赤ちゃんポストに来る人は全員、

 

悩みぬいた挙句の果てに出産を選んでんだよね

 

 

捨てるか捨てないかを迷う母親は、

少なくとも計画的な妊娠じゃないはず。

 

だから物理的に厳しいこともたくさん思い浮かぶだろうし、

 

かといってそんなこと何も知らずにお腹の中ですくすく育ってる自分の子を殺すことなんてできないだろうし、

やっぱりすげー葛藤と闘ってきた人なんだよねきっと。

 

それで中絶を選んだ人も、

出産を選んだ人も、

 

どっちも尊敬に値する判断だと思う。

 

 


その先には、

 

中絶を選んだ人には精神的苦痛が、

出産を選んだ人には物理的な障壁が待ってる。

 

物理的な障壁を、たったひとりでひとつずつよじ登っては向こう側に転げ落ちて、

次が登れなくなったとき、

初めて赤ちゃんポストの出番が来る。

 

社会の冷たい視線を浴びながら、

それでも負けずにお腹を痛めて産んだ子がかわいくないなんて、

そんなこと本気で思ってる人なんていないよ。

 

 

軽くなった腕で赤ちゃんポストのドアを閉めるとき、

 

ヤタ―――――ヽ(゜∀゜)ノ―――――!!

 

なんてなってる人とか、

 

うほほーい(゜∀。)ぴかぴか(新しい)

 

なんて言ってる人いないと思うよ俺。

 

 

 

生理が来なくて蒼ざめたあの日からきょうまで、

その子とたった2人で、

死に物狂いでいくつもの障壁を乗り越えてきた日々。

 

―――プライスレス。

 

親は、思い出しただけできっと涙が止まらなくなるよ

 

親の顔はカメラに映らない構造らしいけど、

もし映せばきっとみんな悔しい顔してるよ。

悲しい顔してるよ。

 

 

 

2人じゃ乗り越えられなかった障壁は越えれるかもしれないけど、

2人いないと乗り越えられない障壁だってあるだろうし。

 

 

もう十分反省してるさ。

もう十分罰を受けてるさ。

 

これ以上叩くのはやめようよ。

 

もちろん放置はいけないことだけど、

もしかしたらそのことが、

 

その人が赤ちゃんに与えられる最後の優しさであり、

最後の愛情なのかもしれない。

 

 

ポストの扉を閉めたあと、

泣き崩れながら手を合わせてるかもしれない。

 

その子の幸せを、

誰よりも願ってるかもしれない。

 

その子と幸せになりたかったって、

誰よりも思ってるに違いない。

 

 

そう考えたら、

少なくとも俺は叩く気にはなれない。

 

 

 

 

 

俺たちにできるのは、  

子捨てをした親を許すことと、

赤ちゃんの幸せを願うこと。

 

 

そして、

自分の子の幸せを誓うこと。

 

できちゃったら2人で幸せにすること。

もしくは3人で幸せになること。

 

 

 

 

俺にも幸あれ。

|

« 最後に信じるのは | トップページ | 受験が怖くなったら »

コメント

こんばんゎ☆
初めてコメントをします!!記事とはちょっと関係がなぃのですが(>-<)
受験で目標がぁっても先が見ぇなくて不安に押し潰されそうな時はどぅしたらょぃですか??
とっても苦しぃです。何かアドバイスを下さぃ。
(。_。*)))

投稿: マキ | 2007.07.22 01:29

>マキ様

こんばんは!!
お返事遅くなってごめんなさい。。。
ブログがメンテに入っちゃってお返事できませんでした。

アドバイスってほど偉そうなものでもないんですが、それに近い記事を更新してみます。
よかったら読んでみてください。

投稿: SASUKE@管理人 | 2007.07.26 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/15465274

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠にともに:

« 最後に信じるのは | トップページ | 受験が怖くなったら »