« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.28

ラストサマーフェスティバル06

どーも(´∀`)

軽くお久しぶりです♪

 

きょうもまだまだ忙しくてあんまり書いてる時間ないんですが、

きょうはちょっとばかり大事な大事なお知らせがあるので。。。

 

 

ずっと前に、

俺の先輩のバンド:ツバサを紹介したの覚えてる??

→覚えてない人はこっち

あのツバサが、なんと!

 

この夏、

 

解散しちゃうかも!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・えーーーーーーーーっっっΣ( ̄□ ̄;)!?

 

 

 

 

 

 

 

俺の大好きなコブクロとかコブクロとかコブクロのコピーやったり、

素敵なオリジナル曲持ってたのに、

残念で残念で残念でございますの。。。

 

 

 

 

で!

 

 

 

 

 

そんな彼らの卒業式になっちゃうかもなイベントが、

 

 

 

ラストサマーフェスティバル06

…THE NEVER FORGETFUL VACATION FOR JUST FORGETFUL U…
(忘れられない夏休みを忘れんぼうのきみに)

日時:8月31日
 

 

 

 

なんとなんと、

このイベントは超盛大かつリーズナブル!!

 

ツバサはじめ、

全部で8組のバンドが次々に登場して、

それでなんと500円!!!

 

聴きごたえあるバンドばっかりなのにこの価格はおトクだよね♪

会場はJR千葉駅からちょっと歩くくらいなんだけど、

 

ここで、

 

いっしょに行ってくれる人募集(ぇ

 

「プロじゃないし・・・」とか思ってるそこのあなた!

 

後悔はさせません(^-^)

 

お問い合わせお待ちしてますぁ↑↑

 

 

さぁみんな、

ツバサを笑顔で送ろうぜ。

 

 

 

最後に、拍手のお返事します☆

 

・写メの更新も楽しみにしとるけぇぇ~ン(●´∀`●)(まりも

>あざーす(´∀`) また写メ撮ってきますね~
 それまでしばし待たれよ(誰

 

ではでは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.20

“目覚まし時計”がくれたもの

どーも(´∀`)

急遽3限が休講になったので更新してます(ぇ

 

ほんとは金曜日に提出の地誌の課題やりたかったんだけど、

フラッシュメモリに入れて持ってきたはずなのに入ってなくてなぁ。。。

 

 

さて、前回、

俺のサークルと、高校の部活の話を書いたんだけど、

べつにずっとまわりに合わせてばっかりだったわけじゃないよ!

 

中学校のときに入ってた部活。

まぁ確かにクラスのみんなに合わせて見学に行ったけど、

そこで完璧にのめり込んだ。

みんなで入部したけど、

練習がきつくてまわりはどんどん辞めてった。

先輩のいじめが嫌で辞めた奴もいた。

 

でも、

俺はやめなかった。

最後の、最後まで。

 

 

2コ上のT先輩が、

それはそれはひどいいじめっ子だった。

どういじめるかっていえば、

気に入らない後輩を、

体育館の脇に平積みにされてるマットの上で、

 

プロレス技かける。 それも本気で(汗

 

「用があるのできょうの部活を早退したい」

と言えば、

体が動かなくなるまで筋トレさせられた。

そして、その用事にも遅刻してしまう。

 

だから、

その嫌がらせにうんざりした俺の同期は、

相次いで幽霊部員になったり、退部していった。

 

その嫌がらせというか暴行は、

俺もまた被害者のひとりだった。

とりわけ俺に対する暴力は、ひときわひどかった。

 

練習試合で隣町の中学校に遠征しては、

T先輩は相手の学校の3年生のもとに俺を連れて行って、

 

これ俺の目覚まし時計♪

と言って、俺の背中をつねる。

俺は、

そのときそのときで何か目覚まし時計っぽいことを言わなきゃいけなかった。

 

 

残念ながら、

このいじめは俺にとってプラスにもなってしまった。

 

これまで水泳とスキーを除いてスポーツとは無縁だった俺にとって、

運動部の大声でやるかけ声は、なかなかできなかった。

顧問にもよく怒られた。

声が出ない1年生数人で、

体育館の反対端から大声で校歌を歌わされた。

 

思春期のはじまりで、

女バレ女バスの前で歌わされることは、

屈辱以外の何物でもなかった。

 

それでもなかなか出るようにならなかった俺の声は、

T先輩の「目覚まし時計」をやらされているうちに、

出るようになってしまった。

 

そして、

能力は及ばずとも、

ガッツと掛け声だけは誰にも負けないアスリートになった。

後輩をやめさせたくてやってたいじめはT先輩の引退まで続いたけど、

俺は辞めようとはしなかった。

 

 

 

俺がひとまわりもふたまわりも成長した部活。

 

それは、

 

バレーボール

ポジションはライトとレフトを経験した。。

 

 

でも、

どんなにひたむきにがんばっても、

俺の才能が開花することはなかった。

 

顧問は、学生時代、

どんなにがんばっても、

その実力が認められることはなかった。

 

だから、陰の努力が認められない、

俺みたいな奴の気持ちがわかる先生だった。

 

顧問が掲げた「全員バレー」の精神。

これのおかげで、

実力不足で出れないはずの俺は、

他校では考えられないほどたくさん試合に出た。

 

でも、

千葉市の頂点に立つチームで、

俺が貢献できることなんてなかった。

 

 

バレーボールは好きだった。

身を投げ出してボールを拾うのが好きだった。

 

それに、

病気がちだった俺の体は、

バレーボールを始めてからいままで、

1度も大きな病気にかかってない。

 

中学校入学時142cmしかなかった俺の体は、

中学校卒業時には165cmにまで伸びた。

 

 

 

バレーボールは、

俺を強く、大きくしてくれた。

 

 

 

受験生に告ぐ。

 

どんなに模試の結果が悪くたって、

落ち込むことなんかないじゃんか。

 

受験まではまだまだ時間はある。

それまで、

こつこつ地道にやっていけばいいじゃんか。

 

目に見える結果ばかりを欲しがるな。

辛抱強く基礎と戦わない限り、目に見える結果なんかついてこない。

 

それに、

もしこの時期から第1志望でA判定とかとってたら、

ぶっちゃけ勉強しないで遊ぶっしょ?

俺がもしそんなに優秀な受験生だったら、

間違いなく遊ぶね。

ちょっとぐらい悪いほうが焦って勉強するよね。

 

 

 

だから、心配すんな。

 

模試が君の努力を認めてくれなくても、

ほんとに努力してる人は、

大学が認めてくれるから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.19

出遅れの勝利学

どーも(´∀`)

 

きょうはすんごく長くなりそうなんで、

先に拍手のお返事しちゃいます。

 

・トップっぃぃかんじじゃあぁあぁぁン(●´∀`●)byまりも

>あざーっす(≧∀≦)
   だんだんタグが理解できるようになってきたぜ☆
  まりも姉のトップもかわいくなったねー↑↑

 

・・・では、

覚悟してまいれっっ

 

 

 

 

 

---

突然ですが、

 

貴方はいま、

何かに挑戦してる?

まっすぐに突っ走ってる?

 

俺、大学2年目にして、

なんと、

 

サークルに入ったぜヽ(゜∀゜)ノ

 

 

 

サークル名:「児童文化研究会

 

創立40年余を誇る、

法政大学の中でも歴史ある公認サークルのひとつ。

 

だいぶカタい名前だけど、

メンバーも活動内容もぜんぜんカタくなくて、

フレンドリーな感じが気に入ったんだ。

 

サークルの中でも、

特に児童館とか保育園に行って子供たちと触れ合う児童班所属。
待ってろしのっち(何

 

子供大好きな俺にとって、

ここはもう天国ですな(ぇ

 

 

 

 

実はね、

大学2年目で始めたのはサークルだけじゃないんだ。

 

我らが法政大学キャリアデザイン学部には、

学部専属キャリアアドバイザーがいるのね。

 

で、

アドバイザー主体で、

キャリアニュース」っていう学部報みたいなのが定期的に発行されてるんだ。

 

それがね、

最近生徒の協力でつくろうって動きがあって、

今月から俺も学生スタッフになっちゃった☆

 

しかもね、スタッフ就任早々大役を引き受けちゃってさ。。

 

学部の教授なのに英語の授業してる、

我らがI谷先生にインタビュー取材すんの。

アポ取りから、できればキャリアニュースに載せる文章書くとこまでを担当するんだ♪

 

 

 

 

ほんとは入学早々から、もっといろんなことに挑戦してみたかった。

 

でも、

俺は一途で何かひとつ目標を見つけると、

ほかのものが見えなくなる。

 

だから、

つい、

別のことに必死になって、

とにかく突っ走って、

すべてを失った大学2年の春、

 

結局何もしてない俺がいた。

 

 

 

このまま何もせずに大学を卒業したくない。

 

学生だからこそ、

自由な時間がある大学生だからこそ、

いろんなことに挑戦したかった。

 

まわりの志の高い連中には丸1年出遅れた。

 

でも、

これはこれでいいのかも。

 

だって、

よくよく考えてみたら、

俺、高校のときも出遅れたんだよね。

 

高校入学して最初にできた友達:武蔵(あだ名なんだよね)。

将棋好きの彼がどうしても入りたかった部活に拉致られた。

 

囲碁将棋同好会

 

全国レベルの3年生と、

微妙なレベルの3年生(笑

2年生はいなくて、

俺たち1年生がうじゃうじゃ。

 

 

囲碁将棋同好会に入ったのは、間違いじゃなかった。

遠い存在だと思ってた囲碁は、思ったよりおもしろかった。

引退まで、囲碁専門で大会に出てた。

何もできないところ(アマ30級くらい)から、アマ5級まで上がった。

 

 

 

でも、

何か違った。

友達がいないと生きていけない俺は、

友達に合わせて入部しただけ。

 

俺がしたいことはないのかなぁ? 

 

 

 

高校1年の冬。

突然の出会いだった。

 

私立だったこともあって、

進学校でもないくせに進路指導が盛んだった母校では、

放課後たくさんの課外授業があった。

 

そのうちのひとつ、古文の課外授業に出てたある日。

 

担当の先生に文章の読み方を褒められた。

悪い気持ちはしなかったけど、特に気にも留めてなかった。

 

 

 

 

 

それから数日後のことだった。

クラスメイトのたろうに言われた。

 

「きょうお前俺の部活に来いよ。

顧問の先生がお前を呼んでるんだ

 

 

・・・はい?

太郎の部活の顧問が俺に何の用だい?

そもそもお前さんは何部だね(^-^;)

 

 

俺を待ってた顧問、

それは、音読を褒めてくれたあの課外授業の先生だった。

 

 

弁論部

初めてきいたって人も多いと思う。

 

顧問のN先生は、学生時代から弁論一筋。

これまでに赴任した高校すべてに弁論部をつくった。

それぞれの弁論部の卒業生は、論友会というOB会に入る。

論友会は、実に4、50年の歴史がある。

 

そして、

俺の母校でつくった弁論部は特に優秀で、

全国大会の常連校になっていた。

 

そんなとこに俺は入ってしまった。

 

 

 

俺の選択は正しかった。

 

丸1年遅れて弁論部員になったものの、

太郎をはじめ同期のメンバーにも打ち解けることができて、

さらに副部長まで務めさせてもらった。

 

言葉遣いさえままならなかったこの遅れてきた異端児めは、

高2の冬に県大会デビューしてから、

関東大会や全国大会でも賞をいただくことができた。

高校がある市から、

市内高校生代表ゲストスピーカーとしても招待していただいた。

 

 

先輩にも同期にも後輩にも恵まれた2年間。

たとえ11月の終わりまで現役で、

その引退の大会が熊本でも、

それで受験勉強に支障が出ても、

それはそれでいい思い出だった。

 

 

1年出遅れても、いい思い出ができた。

 

だから、

俺の今回のサークル入会も、

もしかしたら悪くないかも。

 

 

何事も、もちろん受験勉強も、

スタートが遅いことを気にしちゃいけない。

遅くても、

スタートをきったら、

とにかく、

自分が信じた道を突っ走るのみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.17

苦手克服のカギ

どーも(´∀`)

 

何かやってるとすぐに朝になっちゃってたのに、

近頃夜10時過ぎると眠くなってくるプリンスです。

 

 

早くも体力の折り返し地点を通過したっぽい19歳。

 

 

ところでさ、

俺いま大学で英会話やってるのね。

 

短期集中英会話強化プログラム」っていって、

5月から7月までの約2ヵ月間、

1日90分×週5回やってくんだ。

 

担当講師は毎週木曜が日本人の女の先生で、

あとの月、火、水、金がニュージーランドの男の先生。

日本に10年近くいるからもう日本語もけっこうできるはずなんだけど、

彼は俺たち生徒の前で日本語を滅多に使わない。

 

たまに片言の日本語で笑わせることはあっても、
たしかしのっちは片言の日本語に弱いんだよね(ぁ

ほんとにまともに日本語使わないんだよ。

 

噂によると、

彼は片言どころかペラペラらしくて、

俺たちの授業中の日本語での私語はすべて理解されてるらしい(!!)。

 

 

でね、大雨の金曜日の朝、

たまたま市ヶ谷駅で会ったのね。

後ろからつついて声かけてみた。

 

Good morning, John(仮名)!

 

そしたら、

 

Oh, hi, prince(もちろん仮名 笑)!

 

 

そのあと、

Johnが来なかった木曜の授業の話とか、

木曜にうちの大学で起きた全学連の一千人集会の話とか、

ほんの数分間だったけど、

確実に、

俺は英語でしゃべってた

 

確かに、

小学校~高校の7年くらいの間、

英会話はやってた。

 

でも、

こんなにしゃべれたっけ?

 

 

並々ならぬ手応えを感じた。

 

 

 

Nothing is hard to a willing mind.

―――好きこそものの上手なれ。

 

 

 

受験生に告ぐ。

模試の判定がDとかEでも、

何も気にすることはない。

 

そんなもんみんな同じだし。

 

 

何か得意分野があればまずそこから伸ばしたら??

 

受験生A「得意なとこなんかないよ」

 

 

  

それなら、

分野別成績のとこ見てみ?

もしかしたら自分でも知らなかった得意分野があるかもよ?

 

村人A「でもそこだけ得意でもしょうがなくね?」

 

 

 

プリンス「しょうがなくない!!」

 

 

 

もしひとつでも得意だと思える分野があれば、

それは最大の武器になりうると心得よ。

 

この受験業界、

特に予備校では、

そりゃもちろん全科目できちゃう人もほしいけど、

どれか1科目でもすっげぇ得意なものを持ってる生徒って、

どうしても力入れたくなるんだよね。

 

 

 

なんでか。

 

 

 

それはね、

得意が1科目あれば、

不思議とほかの苦手科目もよくなってくる

 

だから、

 

もちろん苦手科目に力入れるのも大切だけど、

もし苦手科目の勉強に行き詰まったら、

気分転換ってことで、

得意or好きな分野を勉強してみよう。

 

 

ではでは、

最後に拍手のお返事をします☆

 

・やあ。元気そうだね。突然だけど、早矢も※野に会いたい。
友達になっといてー(●^o^●)あはは。

>元気そうだろヽ(゜∀゜)ノ 早矢も会いたいかー。
 ならいつでもうちの大学いらっさいな♪

 

・不思議だけどぉ~なんか気になるところゃねん(まりも♡

>えっ、何がΣ( ̄□ ̄;)!? どのへんが??
 ごめんまりも姉;;

 

またねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.14

僕等はいたのか

どーも(´∀`)
 

本日JR総武線各駅停車は、
 
中野駅での信号トラブルの影響で、
 
ダイヤが逝ってるそうな。

ご利用の際は、詳しくは駅の案内放送、または駅係員まd(誰 
 
 
 
 

 

実はきのう頼んでもないのに(ぁ
 
サヤフィー様にマンガ借りたんだ。
 

しかも、
 
 

マンガはマンガでも、
 
 

 

 

 

 

少女マンガ(!!)
 
 
 
 

 

 

マンガなんかあんまり読んだことないのに、
 
今回は一晩かけて5冊読破ヽ(゜∀゜)ノ
 
 

 

 

4:30就寝ですが何か?
 
 
 
 
 
恋愛のバイブル」だって言われてつい受け取っちゃったけど、
 
はじめの5巻から学んだのは、
 
過去が失敗だったこと
 
 
 
 
 
俺は結局、
 
何もわかってなかったんだ。
 
 
 
こんなに相手を思いやれないのに、
 
短期間とはいえそんな俺を信じて隣を歩いてくれた。
 
 
 
 
 
 
嬉しくもあり、
 
申し訳なくもある。
 
 
 
そんな彼女は、
 
近頃俺にとって大きな存在になってきた。
 
 
 
 

付き合ってた頃は、
 
少しでも強くみせようという、
 
要らない努力をしていた。
 
 
 
 

それがいま、
 
彼女の前では強がれなくなった。
 
 
 
 

 

 

 

誰もいないエレベーターホール。
 
 
 
 
 
窓枠にあぐらかいて座って、
 
地上24階からの景色を眺めながら口をついて出るのは、
 
弱々しい発言ばっかり。
 
 
 
 
 
 

 

どこまで情けない男になっちゃったんだろね。
 
 
 
 
 
 

 

 

11カ月前、
 
心を鋭く貫通した「理想」という言葉が、
 
じりじりと俺から離れていく。
 
 
 
心に突き刺さった針が抜けたあとには、
 
ぽっかりと開いた穴だけが残った。
 
 
 
 
 
 

 

 

  

 

 

それにしてもすっげー混んでるねぇ。。。
 
 
 
なんかどっと疲れたなぁ(-"-;)
 
 
 
政治学休講がきょうの俺への唯一の助け船。
 
先生さんきゅ。
 
 
 
あ、
 
冒頭に紹介したサヤフィー様は、
 
俺の大学のお友達です(*^-')b゛

 

 
 
自身が抱える肌のトラブルとうまく付き合いながら、
 
多額の投資で自分に合うコスメを探してきた。
 
 
 
俺が思うに、
 
彼女の永年の研究成果はすごいものがあると思う。
 
 

だって、
 
どっかの誰かが入学当時サヤフィー様を
 
 
人魚みたい
 
 
って言ったほどの美を極めてますから☆
 
 
 
 

 

 

 

肌の悩みを抱えてる、
 
自分に合う化粧品がなかなか見つからない、
 
 
 
そんな貴方は、
 
ぜひぜひ右サイドバーの“Links”からサヤフィー様の「MIKI」にアクセスだ!!
 
 
 
ではでは、このへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

週2でしか会えなくても

どーも(´∀`)

※きょうのタイトルと中身に接点はありません(笑

 

最近テストとか姉妹サイトの立ち上げとかで忙しくて眠いので、

きょうはさっさといなくなりますね。

 

 

 

きょうは久しぶりにブログニュース

 

 

なんとなんと、

相互リンクしてくださった方が現れたー!!!

 

それは、

まりも様(≧∀≦)

 

リラックマ好きな人は集まれー☆→まりも様のほむぺへ

 

何がすごいってね、

まりも様ね、

俺がお願いする前に俺のブログをリンクしてくれたのヽ(゜∀゜)ノ

 

ブログばっかり3つも4つも運営してる俺と違って、

まりも様のページはすごいんだぁよ(´∀`)

 

日記だけじゃなくて、掲示板もあったり、

まりも様の手書き画像とかプライベート画像まで公開してんのヽ(゜∀゜)ノ

 

 
①リラックマが好き
②「まりも」って名前が気になる
③「プライベート」にピクッときた(笑

 

上のどれかひとつでも当てはまったそこのあなた!

まりも(●´л`)自己満ヮールド」にれっつ・あくせす!!!

んじゃ、きょうはこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

リポDの前に

どーも(´∀`)

 

いまここに復帰宣言しちゃうぜ☆

 

コメントとか拍手とかメールくれた皆様、

どうもありがとうございました!

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・お騒がせしましたorz

 

 

 

 

 

 

 

きのうは凄まじい日だったヽ(゜∀゜)ノ

 

JR横須賀線で人身事故があったおかげで、

横須賀線と快速で直通運転してる地元の路線まで大ダメージくらったぜ。

 

いつもならターミナル駅の千葉まで5分なのに、

千葉都市モノ※ールとかいう、

年間でも花火大会の日くらいしか混まないぼっ●くりな迂回路使ったおかげで、

乗車待ち20分+乗車20分で千葉まで40分もかかったよ↓↓

 

やっとこさ千葉についても快速が壊滅的なわけで、

各駅停車でちんたら行ってやった(*^-')b゛

 

…いちばん好きな授業だったのにorz

 

今回は貸しにしとくぜJR!(何

 

 

 

 

それがね、

帰り道は帰り道で悲惨でなぁ(T_T)

 

 

 

いつもいっしょに帰る友達が、

何も言わずに先に帰ったのΣ( ̄口 ̄)!!

 

電話しても出ないから、

怒り狂ってひとりで帰ったよ。

 

特にメールとかしないでほっといたら、

夜になって謝罪メールきたからいいけどね。

 

 

でもね、

 

 

怒って色々ひとりで考え込んでたら、

乗り換えたときに、

乗り換え前の電車にクラッチバッグ置き忘れたΣ( ̄口 ̄)!!!
※クラッチバッグ…大学名がプリントされてるビニール製の四角い教科書入れるバッグ

 

途中駅で事務所に泣きついても出てこなくて、

諦めて帰宅。。。

 

最後の乗り換え駅:千葉でもいちど事務所に泣きついたら、

 

 

 

あったヽ(゜∀゜)ノ

 

 

 

 

 

貸しは返しとくぜJR!(笑

 

 

 

 

 

 

それからね、

 

 

某授業で1年生にタメ口きかれた(汗

 

しかもその1年生ってね、

ジャ●ーズ(Ne●S)のK野くんなんだ(!!)

 

出欠確認でクラスを名簿が回ってて、

く●のくんがうしろから名簿の角で俺の脇腹つついて、

 

出席書いた?

 

って。

 

 

思わず俺、

 

か…書きました

 

 

 

…って、年齢逆転(笑

 

 

そのあとは、

あのへんはもう名簿が回ったとかまだだとか、

お互いタメ口で話した。

 

「じゃあ俺があのへんきいてくるよ」

で、

く●のくん

 

「悪いねぇ」

 

って言ってもらった(≧∀≦)

 

 

ファンじゃないのに嬉しくなってしまった(-"-;)

 

 

 

ん?

●さのくんが俺にタメ口を使ったってことは、

 

俺がタメに見えたんじゃね?ヽ(゜∀゜)ノ

 

 

またしても若さに自信がみなぎってきた19歳(笑

 

 

最近何時間寝ても疲れが抜けなくなってきても、

筋肉痛が翌日より翌々日のほうがきつくなってきても(ぁ

俺はまだまだティーンじゃー(ノ^^)人(^^ )ノワショーイ

 

 

 

受験生に告ぐ。

 

君たちの頭脳はこの先衰えてく一方だから(ぁ、

フル回転できるいまのうちに勉強しとくといいよ!

 

 

若さは最強の武器だ。

 

 

 

 

 

リゲインよりもリポDよりもタフマンよりも、

まずは己の力を信じよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

お知らせ

どーも(´∀`)

数日中に復帰します。

今週中は忙しいので、もしかしたら週明けになるかもしれませんが・・・

 

せっかく現れたので、

拍手のお返事だけします

 

・頑張ってェェェヾ(*>∀<*●)ノ  FROM なつ

>おぉなつじゃんヽ(゜∀゜)ノ どうもありがとう!
 がんばるよー!!

 

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

野に咲く花のように

どーも(´∀`)

 

きょうはすっごく気が重い1日だったぜ。

 

 

 

きのう例の保護者の方に謝罪の電話してきました。

 

怒らせちゃったお母様は不在で、

やむを得ずお父様に謝ったんだ。

 

申し訳ございませんでした。

今後同じミスを繰り返さないように、

精一杯努力してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この伝言を聞いたお母様はどう思ったのかな。

 

 

 

この電話をするためにスーツ着て予備校に行ったんだけど、

ぶっちゃけ不安に押しつぶされそうだった。

 

 

予備校に入る寸前に、

直接でも電話でもいいから

だいじょぶだよ

って、ただひとことでいい、

それだけ言ってくれる人がいたら、

どんなに心強かっただろう。

 

 

でも、

ご存知の通り、

そんな存在はとっくに消え失せた。

 

友達に恵まれても、

足りないものはある。

 

友達にはできることと、

できないことがある。

 

 

 

 

 

6月5日

 

おそらく一生忘れることのない日。

 

 

 

初めて先が拓けた日。

 

初めて想いが届いた日。

 

そして、

 

自分以外の誰かを守ろうという、

初めて強い使命感を覚えた日。

 

 

 

いままでも、

そして、

これからも大切にしていく日。

 

 

 

約束は果たせなかった。

 

男の約束なんてくそ喰らえだ。

 

できない約束なんてするんじゃなかった。

 

約束破ると、相手を傷つけるだけだもんね。

 

 

 

 

 

ごめんね。

 

 

 

 

 

未熟者で。

 

 

 

 

 

 

 

いま、

心の支えになってほしい人がいないわけではない。

 

でも、

言い出せない。

 

なってもらっても、

いつかはいなくなる。

 

 

だから、

 

特別じゃなくていいから、

そのままでいいから、

 

俺のそばに、

いてほしい。

 

 

もし特別な関係を迫れば、

前みたいなことにもなりかねない。

 

 

でも、

 

 

もうあんな思いは、

したくない。

 

 

 

あんな思いは、

させたくない。

 

 

 

できることなら、

もっと違う思いをさせてあげたかった。

 

 

 

 

 

 

 

去年、

誰かを守る決意をした記念日は、

 

今年、

誰かをこれ以上傷つけない決意をした記念日になった。

 

 

 

 

 

 

なんだか、

世の中すべてがつまんなくなった。

 

もしかしたら、

「あいつは優しいから」

なんて、

 

心のどこかで

「もう一度」

を期待してたのかもしれない。

 

 

そして、

その妄想こそが、

俺をここまで支えてきたのかもしれない。

 

 

 

胸を強く刺されるような結論に達した。

 

どうしていいかわかんなくなってる。

 

頭の中がごちゃごちゃしてきた。

  

 

もしも君が泣いてるなら

優しい風に吹かれていよう

もしも君が笑ってるなら

太陽の光浴びていよう

そして君の記憶の中で

ずっと生き続けていよう

只、野に咲く花になりたい

強く大きく咲いていたい

(3B LAB. ☆ 「everyone」 詞・曲 岡平健治)

 

 

 

これ以上読者の皆様を

俺の勝手気ままな感情でブルーにしたくないので、

 

ブログの更新しばらくおやすみさせていただきます。

 

では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.03

春を見るために

どーも(´∀`)

 

遅刻したくないので、

今年度3度目の特急通学です(^^)v

 

快速のグリーン車より安くて速いんだもん特急がいいよねぇ(≧∀≦)

 

 

 

でも…

 

 

きょうはあんまり元気ない…

ってか不安な気持ちでいっぱいなんだよね。

 

 

 

 

 

 

バイト先でのことなんだけど、

 

 

先週授業についてのアンケートをやったら回収率が最悪で、

今週なんとか挽回できたんだ。

 

 

 

でも、

きのう、

 

またやらかしちまったぜ(-"-;)

 

生徒さんの親御さんと電話で衝突した上に、

俺の側に落ち度があることが判明。

 

原因をつくったのは生徒さんなんだけど、

それに気づけずに親御さんを怒らせちゃった俺の責任は大きい。

 

 

 

…そろそろクビかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、クビならクビで、

残された任期の中で何をしようか。

 

 

 

 

 

そうだ。

 

 

その親御さんに、謝罪しよう。

 

 

 

 

俺はいままで、

どうあがいても前に進めなくなったとき、

最大級の誠意で尽くしてきた。

 

べつにそれが特効薬だとかいうわけじゃないけど、

俺にはそれしかできないんだよ。

 

 

 

 

一度なくした信頼を取り戻すには、

他の3倍の努力を要する。

 

 

 

 

 

3倍の努力。

 

 

 

 

3倍の誠意。

 

 

 

 

 

 

任期中に間に合うかな。

 

 

 

 

 

全力を尽くします。

 

 

 

 

欲を言えば、

クビを延期したい。

 

 

 

 

 

俺を慕ってついてきてくれる、

 

勇敢なる46名の戦士が、

 

戦場から勝利を持ち帰るその日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »