« 春を愛する人、春が愛する人 | トップページ | 青春を“ページ”で数える理由 »

2006.02.20

Sail on guys,

最近疲れやすくなった。

夜も早くくたばるようになった。

 

・・・そろそろ衰え始めたか。早っ

 

 

 

今日は久しぶりに古いCDでも引っ張り出して聴きながら寝よっと。

 

SIMON & GARFUNKEL.

―――洋楽音痴の俺でも知ってる、サイモンとガーファンクル。なつかし~っ(≧∀≦)

 

その中でも、歌詞が前向きな感じで好きなのが、

Bridge Over Troubled Water

日本語名:明日に架ける橋

ご存知ないっていう貴方のために、

俺が特に好きな3番の歌詞を日本語付きで紹介するから、

好きになってね☆

 

 

Sail on silvergirl, 出帆するのだ 銀色の乙女よ

Sail on by. 帆を上げて海を渡っていこう

Your time has come to shine. 今こそ 君は輝くのだ

All your dreams are on their way. 君の夢はすぐそばまできている

See how they shine. ほら 眩しい光で輝いているのが見えるだろう

If you need a friend. ひとりで心細いのなら

I'm sailing right behind. 僕が後ろからついていってあげよう

Like a bridge over troubled water 荒れた海に架けた橋のように

I will ease your mind. 君の心を和ませよう

Like a bridge over troubled water 荒れた海に架けた橋のように

I will ease your mind. 君の心を和ませよう

(Written by P. Simon, translated by Y. Yamamoto.)

 

 

―――Your time has come to shine.

ブログランキング
学生ブログRANKINGで897位! JRANKで5位!
ありがと~(≧∀≦) これからも応援よろしくです

|

« 春を愛する人、春が愛する人 | トップページ | 青春を“ページ”で数える理由 »

コメント

ブログへのコメントありがとうございました。
サイモンとガーファンクルは知っているけれど、この歌詞を見るのは初めてです。
すごく前向きな歌ですね。仲間と共に、輝く航海をしたいと思いました!
お互い、健康管理をしながら航海を楽しみましょうね。

投稿: みっち | 2006.02.20 21:48

>みっち様

こちらこそコメントありがとうございました。

実はこの曲を知ったのは高校の英語の授業だったんです。偶然にも家にCDがあったので、長いことハマってました。

>仲間と共に、輝く航海
いいですね。
お互い楽しみましょう。

投稿: B. M. AXIS | 2006.02.20 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/8747778

この記事へのトラックバック一覧です: Sail on guys,:

« 春を愛する人、春が愛する人 | トップページ | 青春を“ページ”で数える理由 »