« マスクのすすめ | トップページ | 花咲かじいさんの話 »

2006.01.13

これからのために

今日は、受験に絞らずでっかくいこう。

大学生の1日。

・・・全部知ると、たぶん引く

だから、全部は教えない(笑)

 

終電。貴方はもう気にして生活してるかな?

俺さぁ実は高校生のときまでは、あんまり遅くまで外を出歩いてなかったんだ。

・・・別にいい子したかったわけじゃないんだよ?

ただ、眠くなるのが早いから、眠くなったときに布団がそばにないのが嫌だから帰ってただけ^^;

でも、大学生になってからは付き合いの幅も拡がって、帰る時間も遅くなった。

高校は県内で片道30分

でも、大学は東京都千代田区。

早くても1時間。標準1時間20分

これは終電を気にするしかない。

 

でも、今日(日付変わったからきのう)は、気にするの忘れた。

だから、終電逃しちゃった

千葉駅までは帰ってきたけど、・・・そこから先どうしよう、みたいな。

 

深夜料金の最終バスに乗って、

両替してたら何故か運転手に軽く怒られて

降りてから今日が期限のTSU●AYAのCD返さなきゃと思って徒歩30分の道マラソンして、

最寄り駅の駐輪場で自転車乗って、

TSU●AYAでCD返して、

帰宅したのが日付変わって13日0:45

貴方がこんなダメ大学生にならないために、今日は、俺の超お気にブログからのとっても力になるお話をお届けします。

これは、受験にとどまったことではなく、もっと大きく、人生を歩む糧になると思う。

大学生は、半分学生だけど、半分社会人

心して読んでおこう。

 

 

困難を避けて通るのではなく、困難を正面から捕らえる。

たとえば、

人との衝突をおそれて言いたいことも言わない

とか、

困難がわかっていたらたとえ魅力的あでってもそちらの道を選ばない

とかではなく、

むしろ、若いときだからこそ、困難へと足を傾け、

そこで対処することで次へ進めるのではないか

(畑谷さんのブログ「少子化の摩訶不思議を解く」より)

 

 

これをご覧の貴方に、俺の大切な人に、贈る。

 

困難に正直に立ち向かえるときなんて今だけだから、

これからは、ひとりで抱え込むな

人とぶつかれ。話し合え。

仲間は、そんなに簡単に離れない。

むしろ、話してくれないほうが離れる。

 

仲間を信じるのだ。

―――あなたの、これからのために

|

« マスクのすすめ | トップページ | 花咲かじいさんの話 »

コメント

やばい…引用だけど、なんか感動しました。
終電逃したなら千葉で漫画喫茶使えばいいと思います☆安くて快適ですよ♪w

受験用ブログなので、ちょっと真面目なコメント書きます。
最近机に向かってもなかなか集中できません。多分、勉強の仕方が頭や手から抜けてしまったんだと思います。
こんな僕を助けてください。

投稿: ヨウスケ | 2006.01.13 21:34

>ヨウスケさん

ご相談くださいましてありがとうございます。

勝手な想像かもしれませんが、「勉強の仕方が頭や手から抜けてしまった」というよりは、中2や高2の頃にありがちないわゆる“中だるみ”に近い状況にあるような気がします。

ヨウスケさんは、何かやりたいことを胸に大学を目指し、そして現在大学で学んでいることと思います。
何故その大学のその学部を志望したんですか?
もう一度思い出してみてください。
そこで学ぶことを夢見て受験勉強に没頭していた頃のことを思い出してみてください。
その頃の自分に、勉強が手につかない現在の自分を胸張って見せることができますか?
たぶんがっかりされてしまいますよ。

あの頃の自分に、今の自分の輝いてるところを見せてあげてください。

投稿: B. M. AXIS | 2006.01.13 22:08

ありがとうございます。
身にしみました☆
これから頑張ります!!!

投稿: ヨウスケ | 2006.01.15 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/8110689

この記事へのトラックバック一覧です: これからのために:

« マスクのすすめ | トップページ | 花咲かじいさんの話 »