« “絶対”の法則 | トップページ | 試練の正体 »

2006.01.28

勉強以外にやること

しばらくブログを留守にしちゃってすみませんでした...

今週は、大学のテストの最後の山場を迎えてました。

講義名:法学Ⅱ

採用内定の取消についての論述」

しかも、参照不可、つまり、カンペ禁止

だから、A4よりさらに大きな紙3枚にびっしり書いた文章を覚えなきゃいけなかった。

 

・・・まぁ「何のこっちゃ?」って話ですが^^;

 

 

もうすぐ私立大学の一般入試シーズン到来だね。

一見したら入試日程なんてばらけてるように見えるけど、実際そうでもないんだよね。

もしまだやってない人がいれば、「入試カレンダー」を作ってみよう。

カレンダーって言っても、ふつうの7×5のマス目のカレンダーじゃなくて、数直線を並べるイメージ。

 

・・・って言ってもよくわかんないよね^^;

 

それでは、B. M. AXIS流入試カレンダー本邦初公開!!

まずは、横に30~60日並べれるくらい大きな紙を用意だ^^

 

①紙の上端に、左から右に向かって日付を書こう。

②いちばん最初に受ける大学の名前を紙の左端に書こう。

③大学名から右に向かって直線を引こう。

④その大学の出願締切日当日消印有効当日必着かもチェックだ!)、入試日合格発表日入学手続締切日をその直線上に、上端に書いた日付に合わせて記入しよう。

⑤その大学の直線の下に、他の併願校も同様に記入しよう。

 

 

すると・・・ほら☆

いろんなことが見えてくる。

いまやるべきこと、あしたやるべきことが見えてくる。

 

やるべきことに頭使うな。 

ただでさえ詰め込んだ知識とかプレッシャーとかで頭はいっぱいなのに、そこに細かい日程まで詰め込んだら、破裂しちゃう。

だから、頭使わなくていい事務的なことは、すべて紙にアウトプットしよう。

 

紙に覚えさせて、頭は100%勉強に使え。

 

で、紙の上で悩むことは実はたくさんある。

たとえば...

 

出願締切日を見るときは、同時に出願受付開始日もチェックしよう。 

もしかしたら、1度郵便局に行くだけで全大学の出願が終わるかもよ。

 

意外にも、試験日がダブルブッキングすることが多々ある。

もしくは、3日連続4日連続で試験が続くこともある。

個人差はあるけど、3日が限界。

見直そう。

 

合格発表については、電報なのか、郵送なのか、ウェブなのか、発表の形式と、発表時刻もチェックしよう。

っていうのも、やっぱり発表当日って、結果なんて見たくもないようで、けっこう見たくて見たくてうずうずしてくる。

そんなとき、どこを見れば結果が出てるのかを知らないと、うずうずがイライラに変わる。

だから、ちゃんと調べとこ。

ちなみに、合格電報について。

大学が送るものならいいんだけど、大学の門を出たとこでテントとか拡げて申し込みやってる謎の業者には、絶対頼まないこと。

入学後にも使える知識をひとつ。

 

大学を一歩出たら、関係者みたいでも絶対大学とは関係ない

 

お金を払ったのに電報が届かなかったり、合格してたのに不合格の電報が来て入学手続をとり損ねたりしても、大学は助けてくれないからね。

―――入りたい大学の合格発表くらい自力で確認しよう。

 

 

最後に、カレンダーを作るときの注意点。

 

カレンダーに記入する部分だけじゃなくて、

各大学の入試要項はボロボロになるまで何度も何度も読むこと。

そして、内容全部を誰かに説明できるくらい理解すること

 

 

出願から入学手続までが入試なのです

|

« “絶対”の法則 | トップページ | 試練の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/8372678

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強以外にやること:

« “絶対”の法則 | トップページ | 試練の正体 »