« A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | センターの“敵” »

2006.01.03

君のためにできること

元日から、働いてしまった。

それも、約11時間

俺も好きねぇ...またまた模試監督

まぁ厳密にはリハーサルセンター試験っていう、模試みたいに解答の回収がない一種のイベントだから、正式な模試ではない分ラクさせてもらってますが。

元旦くらいゆっくり寝坊したい

そんなことは言ってられない。

―――何故って??

それは、毎週末寝坊してるから。

・・・じゃなくて(笑)、

リハセンの勤務開始が朝8時だから。

 

 

チャイムが鳴るやいなや、

俺は「始めてください」と強い口調で言う。

問題冊子のページをめくる音と、鉛筆が紙をこする音が部屋に充満する。

 

なんだこの空気は。

これまでの模試では感じたことがないほどの、緊張感

問題冊子へ注がれる、皆の強烈な眼差し

 

 

そうだよね。

みんなもう、本番間近なんだよね。

ここまできたら、やるしかないんだもんね。

 

俺がぼーっとしてちゃいけない。

トイレに入ったときに、ネクタイを上まで締めなおして、奥歯に挟まってたひじきを取って、頬を2度、叩いた。

 

 

彼らの緊張感に対抗してパワー使い果たして、俺の今年の元日は終わった。

 

これで、しばらく予備校に顔を出すことはない。

次に行くのは、皆の受験が終わる、

待っているのは、合格追跡という名の電話掛け。

これが脳裏をよぎるとき、必ず同時に浮かぶのは、俺のクラスの生徒さんたち。

 

電話口に出てくるあの子の声は、弾んでいるだろうか。

それとも、沈んでいるだろうか。

今の俺は、どちらにもリアクションできない。

できるとすれば、泣くことだけだろう。

 

何と言えば、合格を共に喜べるだろう。

何と言えば、不合格を共に惜しみ、次への一歩を踏み出せるだろう。

それも、事務的に行われる、電話の会話の中で。

 

Teaching Assistantの職務の中で、最も過酷なものを見つけてしまった。

 

今の俺にできること。

それは、神にみんなに祈る

ゴールはもう見えている。

あとちょっとだから、がんばれ。がんばれ。

 

そして、

―――桜、咲け。

|

« A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | センターの“敵” »

コメント

どぉも(*´∀`)ノ受かったのにココにくるのゎどうかと思ったんですケド、気になることがあるので書き込むことにしました。それゎもちろん受験のことなんですけど…もう受かってしまった人が、これから受験の人にしてあげられる事って何がありますか?私の一番大切な人ゎ受験を前にして滅入ってるみたいです。私ゎ何とか彼の力になりたい。一緒に、桜を咲かせたいと思っています。今、私ゎ彼の為にお守りを作ったり、一緒に勉強をして分かる所を教えてあげたりしています。彼の力にはなっているのかどうかゎ、分かりませんm(__)m

投稿: ☆まぃ☆ | 2006.01.03 14:24

>☆まぃ☆さん
 
お久しぶりです!
早速お答えしましょう!!
・・・と意気込んで言いたいところですが、こればっかりは絶対こうだという答えはないような気がします。というのも、物理的な一面ではマイナスになることはありませんが、精神的な一面では、それがありがたかったり、煙たかったりします。また、人それぞれ何にありがたみを感じるか、また、何に煙たさを感じるかは違うのです。
なので、俺の思うところをお話ししてみます。
 
少なくとも、その「大切な人」は、あなたの協力はありがたく享受していると思います。
それは、まずあなたと彼の関係。お互い支え合ってこその2人ですから、あなたの存在そのものが彼にとっては大きな大きな力なのです。
ですから、彼の勉強の合間にあなたが激励してあげるだけで、十分と言えば十分なのです。
受験生の誰もが陥ってしまいやすいマイナス思考。それを打破できれば、自然と勉強に没頭できるようになります。
受験の必勝法はただひとつ。
「プレッシャーに打ち勝って、最後まであきらめずに頑張りとおす」
 
だから、あなたのいちばんの役目は精神的な不安を取り除いてあげること。
勉強を教える等のことは、彼が喜んでそれを受けるのであれば、あなたが可能な限りサポートしてあげてください。ただし、彼が必要としないのであれば、精神面のサポートに徹してあげてください。
勉強して実質1点や2点アップさせるよりも、勉強するモチベーションを高めることのほうが、孤独な受験生には大変なことなのです。
 
受験は孤独な闘い。
そばでお守りを作ってそっと背中を押してくれる、そんな強力なサポーターをつけた受験生は、とても恵まれています。

投稿: B. M. AXIS | 2006.01.03 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/7970689

この記事へのトラックバック一覧です: 君のためにできること:

« A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | センターの“敵” »