« “宝物”たちへ | トップページ | テスト勉強と受験勉強―高校vs.大学入試― »

2005.12.03

反省会

まだずっと先だと思っていたのに。。。

ついに、予備校の授業が終わってしまった。

 

 

3月、無事に進路が決定し、ずっと憧れていた今のこの予備校でのサポートの仕事をするべく、採用試験に臨んだ。

国語と英語の2科目をたった60分で解く魔の筆記試験&5人に囲まれて質問攻めを喰らう面接試験が課せられた。

 

4月1日、発表の日。合格なら、夕方までに電話がくる。もし電話が来なかったら・・・

あっという間に日は暮れ、になった。

 

あきらめた。

 

と、そのとき、電話が鳴り、俺は出た。

合格しましたよ。おめでとう

落ちたんだって決めつけてた俺は、はじめは何の話だかさっぱりわからなかった。

でも、時間がたつにつれて、だんだん実感が湧いて嬉しくなってきた。

 

担当クラスが決定し、初めての授業を迎えてから今日までが、ほんとにあっという間だった。

あっという間だったのは、忙しかったからではない。

生徒さんに、同僚に、先輩に囲まれて仕事をするのが楽しかったからだ。

 

最後の授業のあと、生徒さんにお礼を言い、頭を下げた。

彼らあってこその仕事だからだ。

微力ながら、彼らの第一志望現役合格のために、精一杯力を注いできた。

担当講師も授業中におっしゃっていたが、

自分の生徒さんは何が何でも受かってほしい

―――この気持ち、一体どれだけの生徒さんの心にまで届いたのか。

 

受験で、楽をするな

失敗を恐れずに、立ち向かえ。

リニアモーターカーのように、とにかく全力で突っ走れ

停電しても、置き石されて吹っ飛んでも、それはそれでいいじゃん。

それも人生。

でもね、頑張ったら頑張った分だけ結果に出るのは、この大学受験が一生で最後の勝負なんだ。

だから、とにかく悔いが残ることがないように、満足いくまでやってみろ

 

 

高3ハイレベル私大英語総合のみんなにエールを送る。

―――桜、咲け。

 

 

俺がひとつ質問しても、反応のしかたは33通り

みんな違うから、おもしろい。

 

最後に、俺の背中をそっとつついてを一粒くれたE。

彼女は今まで、俺のところに来て個別におしゃべりをすることはあまりなかった。

可愛らしい、いちごみるくの包み紙。

ぼーっと眺めながら、思った。

Eのもとにも、咲け。

 

そして、俺のクラスの誇り高き勇者たちへ。

―――行け

|

« “宝物”たちへ | トップページ | テスト勉強と受験勉強―高校vs.大学入試― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151653/7438097

この記事へのトラックバック一覧です: 反省会:

« “宝物”たちへ | トップページ | テスト勉強と受験勉強―高校vs.大学入試― »